コンストラクターズ5番手争うアルピーヌ、チーム1番の武器は“ファイティングスピリット”?

アルピーヌF1は2021年シーズンの戦いで5番手を争っているが、エステバン・オコンはチームの“ファイティングスピリット”が大きな強みになるだろうと考えている。

コンストラクターズ5番手争うアルピーヌ、チーム1番の武器は“ファイティングスピリット”?

 2021年シーズンのF1はメルセデスとレッドブルによるタイトル争い、マクラーレンとフェラーリによる3番手争い、さらにアルピーヌ、アストンマーチン、アルファタウリによる5番手争いが繰り広げられており、階層化が進んでいる。

 5番手争いではアルファタウリが49ポイント、アストンマーチンが48ポイント、アルピーヌが40ポイントとわずか9ポイント差に3チームがひしめき合う状況だ。

 2022年には大きなレギュレーション変更が予定されているため、アルピーヌも他チームの例にもれず開発の軸足を来季に移している。そのため現在のパッケージから最大限のパフォーマンスを引き出すことが必要となっている。

 ドライバーのエステバン・オコンは、5番手争いにおける競争力はほぼ横並びだとしているが、アルピーヌの持つファイティングスピリットが強みになるだろうと語った。

「僕は、アルピーヌの強みは恐らくそのファイティングスピリットだと思っている。僕らは常にこの集団で最速な訳ではないんだ」

「アルファタウリは僕らよりも少しだけ速く、アストンマーチンもかなり速さがあって、僕らは多くの場所で苦しい時間を過ごしてきた」

「でも僕らは最後まで彼らと戦うつもりだ。そしてシーズンを通じて一貫してポイントを稼ぐことができたチームが、5位を獲得することができるんだ」

「まだ道行きは長い。でも僕らは戦う準備はできている」

 アルピーヌは今季ここまで10戦中9戦でポイントを獲得しているが、5位以上でのフィニッシュは記録できていない。しかし、彼らは第11戦ハンガリーGPで、前戦イギリスGPに引き続き好結果を残すことを目指している。

 オコンも舞台となるハンガロリンクは好きなサーキットのひとつであるため、良い結果を持ち帰るチャンスだと期待を示した。

「ここは僕が本当に好きなコースのひとつなんだ」と、オコンは話す。

「多くの複合コーナーがあって、タイヤがとても重要になってくる。タイヤの使い方、クルマへの自信……それら全てが重要になるんだ」

「だからここでも最大限のパフォーマンスを引き出して、よりポイントを獲得できることを期待している」

 

Read Also:

シェア
コメント
アロンソ、ついに40歳の大台迎える。F1現役は「想定していなかった」と認めつつもエンジョイ中
前の記事

アロンソ、ついに40歳の大台迎える。F1現役は「想定していなかった」と認めつつもエンジョイ中

次の記事

フェルスタッペン、メルセデスの大はしゃぎに不満残る「アレが彼らの”本性”」

フェルスタッペン、メルセデスの大はしゃぎに不満残る「アレが彼らの”本性”」
コメントを読み込む