F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
09 10月
次のセッションまで……
9 days
23 10月
次のセッションまで……
23 days
31 10月
次のセッションまで……
31 days

オコン、予選Q1でラッセルのアタック妨害し3グリッド降格ペナルティ受ける

シェア
コメント
オコン、予選Q1でラッセルのアタック妨害し3グリッド降格ペナルティ受ける
執筆:
, Grand prix editor

ルノーのエステバン・オコンは、予選Q1で他車のアタックを妨害したとして、3グリッド降格ペナルティを受けた。

 ルノーのエステバン・オコンは、F1第5戦F1 70周年記念GPの予選を11番手で終えたが、ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)のアタックを妨害したとして、3グリッド降格ペナルティを受けた。

 オコンは予選Q1でスロー走行していたアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)を追い越そうと横に並びかけた際、アタックに入っていたジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)が後ろから迫っているのに気づかなかった。前を塞がれる形になったラッセルはスローダウンを余儀なくされた。

Read Also:

 ラッセルはオコンの動きについて、無線ですぐに「僕のラインを塞いできた」「非常に危険だ」と不満を述べた。

 オコンも、レースエンジニアのマーク・スレイドに「あれは良くなかった、マーク」と無線で話し、その動きにペナルティが科されると思うかと訊くと、スレイドは「Yes」と答えた。

 予選後、スチュワードはオコンとラッセルを召喚し、短いヒアリングを行なった結果、オコンに3グリッド降格ペナルティが出されたのだ。

 スチュワードは次のように審議の結果を報告している。

「ターン5の出口では、ジョビナッツィがマシン3台の先頭にいた。彼はインラップだった。2番目にいたオコンはアウトラップで、ラッセルはフライングラップだった」

「ラッセルが近づいている際、チームは無線でオコンに、ジョビナッツィについてはアドバイスしていたが、直前までラッセルについては知らせていなかった」

「ラッセルが前方の2台に近づいた時、オコンはジョビナッツィを抜くために右に動いた。そして、はるかに速く走っていたラッセルを明らかに妨げた」

「ルノーはこのケースに関してドライバーをアシストしなかったことを認め、それがアタック妨害につながった」

 ペナルティの結果、オコンは14番手スタートに降格。15番手となったラッセルのひとつ前からスタートすることになった。セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、カルロス・サインツJr.(マクラーレン)、ロマン・グロージャン(ハース)のグリッドがひとつずつ繰り上がることになる。

Read Also:

ホンダ田辺TD:決勝はタイヤ戦略が難しいが……最大限のPUパフォーマンスを発揮したい

前の記事

ホンダ田辺TD:決勝はタイヤ戦略が難しいが……最大限のPUパフォーマンスを発揮したい

次の記事

フェルスタッペン、ハードタイヤでの決勝スタートに自信「このタイヤは強力だ!」

フェルスタッペン、ハードタイヤでの決勝スタートに自信「このタイヤは強力だ!」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント F1 70周年記念GP
ドライバー エステバン オコン
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Luke Smith