F1復帰の2020年、その“進歩”には満足! エステバン・オコン、来季はアロンソと対決

ルノーのエステバン・オコンは、1年間の“浪人生活”からF1復帰を果たした2020年シーズンの進歩は非常に強力なものだったと感じているようだ。

F1復帰の2020年、その“進歩”には満足! エステバン・オコン、来季はアロンソと対決

 2020年にルノーに加入し、F1復帰を果たしたエステバン・オコン。2018年限りでレーシングポイントでのシートを失うと、2019年シーズンは1年間メルセデスでリザーブドライバーを務める“浪人生活”となっていたが、なんとかレギュラーシートを手にすることができた。 

Read Also:

 ダニエル・リカルドのチームメイトとして挑んだ2020年シーズンで、オコンは計62ポイントを獲得。第16戦サクヒールGPでは2位でフィニッシュし、キャリア初表彰台も獲得した。

 1年ぶりのF1復帰を果たしたシーズンについてオコンは、当初はレースでのキレを取り戻すことに時間がかかったと認めている。しかしシーズン全体を振り返ると、最終的な進歩には満足できたと彼は語った。

「全体的として、進歩はとても力強いものだった」と、オコンは語る。

「ペースやパフォーマンスの面、そしてチームとの取り組み方や、2020年シーズンの終わり方ではとても満足している。その点では始まった時よりもとても強力になったよ」

「パフォーマンスが良くなり、クルマへの自信を得られたように感じている。そこはとても良かった。来年は、もっと細かい部分まで詰めて準備ができればと思う」

「今回(アブダビGP)の結果、コンストラクターズランキングで3位を逃したことは少し残念に思う。今年は完璧にはできなかったこともあったし、一方で多くのポジティブな点もあった」

「そういったポジティブな点を拾っていって、ネガティブな点は消していけば、僕らは来年にはもっと強いポジションにいられるはずだ」

 ただオコンは、シーズンを通じてチームメイトのリカルドとの”対決”という面では苦戦してきた。予選でオコンは1度しかリカルドに勝つことができておらず、それも最終戦のアブダビGPでのことだった。

 リカルドはオコンに大差をつける119ポイントを獲得。ドライバーズランキングでも5位と(オコンは12位)大きく差をつけた。

 そのリカルドは2021年シーズンは、マクラーレンへ移籍。オコンは2度のF1王者であるフェルナンド・アロンソを新しいチームメイトに迎える……新たなチャレンジに直面することになるだろう。

 

Read Also:

シェア
コメント
フェラーリ、拠点近くにハースの”中継”ファクトリー設置。組織縮小で人員を異動

前の記事

フェラーリ、拠点近くにハースの”中継”ファクトリー設置。組織縮小で人員を異動

次の記事

F1メカ解説:2021年に向け、各チーム空力処理をテスト……跳ね馬の複雑な計測装置

F1メカ解説:2021年に向け、各チーム空力処理をテスト……跳ね馬の複雑な計測装置
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー エステバン オコン
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Luke Smith