レッドブルのフェルスタッペン、バンク化されたザントフールトを初走行!

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、ふたつのバンクが新設されたザントフールト・サーキットを改修後初めてドライブした。

レッドブルのフェルスタッペン、バンク化されたザントフールトを初走行!

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは3月4日、今季35年ぶりに復活するF1オランダGPの開催地であるザントフールト・サーキットを、改修後初めてドライブした。

Related videos:

 ザントフールトは改修によって、ターン3と最終コーナーがバンク化された。バンク角はそれぞれ19度、18度であり、インディアナポリス・モーター・スピードウェイの最大バンク角(9度)の約2倍という急勾配となっている。

 そんなザントフールトを、母国オランダの期待を背負うフェルスタッペンがレッドブルRB8でドライブ。タイム計測こそしなかったものの、最終コーナーのバンクはハイスピードで駆け抜けた。

 このイベントにはインディ500で2度の優勝を誇るオランダ人ドライバー、アーリー・ラインダイクも参加。さらに元F1ドライバーであり、オランダGPのスポーティングディレクターを務めるヤン・ラマースは、フェルスタッペンにチェッカーフラッグを振る役割を担った。

 なおF1オランダGPは5月3日に決勝が行なわれる予定。また、ヨーロッパで開催される今季最初のF1レースとなっている。

 

Read Also:

 

シェア
コメント
スタッフ入れ替えで”脱法”情報共有? F1チーム「FIAは適切な監視を」

前の記事

スタッフ入れ替えで”脱法”情報共有? F1チーム「FIAは適切な監視を」

次の記事

アストンマーチンF1復帰の仕掛け人。ストロール父が“レースのDNA”を呼び覚ます?

アストンマーチンF1復帰の仕掛け人。ストロール父が“レースのDNA”を呼び覚ます?
コメントを読み込む