F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
FP3 まで
01 時間
:
08
:
09
R
シュタイアーマルクGP
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
4 days
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
11 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
26 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
32 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
39 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
53 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
60 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
81 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
109 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
116 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
130 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
144 days

トロロッソ・ホンダ、アメリカGPにアップデート版エアロを投入

シェア
コメント
トロロッソ・ホンダ、アメリカGPにアップデート版エアロを投入
執筆:
2018/10/19 20:39

トロロッソ・ホンダは、アメリカGPにアップデート版のエアロパッケージを投入。ガスリーがこれを試すことになった。

 トロロッソは、アメリカGPに1セットのアップデート版エアロパッケージを投入。金曜日にはピエール・ガスリーだけがこれを試した。

 このアップグレード版のパッケージは、フロントウイングとフロアを変更し、さらにボディワークにも小さな変更が加えられたものだ。

 ただこのパーツは1セットしか用意することができず、ガスリーがフリー走行でこれを試すことになった。

 チームメイトのブレンドン・ハートレーは、新パーツを与えられていない。しかし彼は、ガスリーでさえも2日目以降に使うかどうかは、まだ決まっていないと語っている。

「正直に言って、まだ決まっていないと思う」

 ハートレーはそう語った。トロロッソとしてはその機能を確認したいところだが、これは大規模なモノであり、マシンには新パーツが多数あるという。

「僕らは1年中悩まされていた全ての問題を解決しようとしているだけだ。それが機能すれば、今シーズンの残りはエキサイティングなモノになるだろう」

 ホンダは、ロシアGPにアップグレード版のパワーユニットを投入。日本GPから本格的な運用を開始した。そしてさらにマイナーなアップデートを施したパワーユニットを、このアメリカGPから使用している。

 アップデート版のパワーユニットにより、マシンのパフォーマンスは向上した感がある。しかしガスリーは、シャシーのアップグレードも行う必要があると語った。

「僕らは長いこと、このマシンに新しいパーツを投入できていない。そしてチームはこの数カ月、懸命に働いてきた」

「特にオースティンでのアップグレードがうまくいかなかった。そのためチームは、全体のプロセスと作業の方法を変えたんだ」

 現在トロロッソは、ザウバーとコンストラクターズランキング8位を激しく争っており、その差は僅か3ポイントである。

「今僕らは、エンジンのアップグレードとシャシーのアップグレードにより、かなり良い状況にある」

 そうガスリーは語った。

「鈴鹿でマシンから全てのポテンシャルを引き出した時、僕らのパフォーマンスを見ることができた。僕らは、そこで戦うことができることを知っているんだ」

「今は、あるコースから別のコースに行った時の一貫性を、もう少し見つけることだ。うまくいけば今回のアップグレードによって、パフォーマンスの一貫性がさらに向上するはずだ」

次の記事
F1アメリカFP1:ハミルトン首位発進。フェラーリ不気味な周回数

前の記事

F1アメリカFP1:ハミルトン首位発進。フェラーリ不気味な周回数

次の記事

F1アメリカFP2速報:ウエット路面でガスリーが2番手! ハミルトン最速

F1アメリカFP2速報:ウエット路面でガスリーが2番手! ハミルトン最速
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント アメリカGP
チーム アルファタウリ・ホンダ 発売中
執筆者 Scott Mitchell