F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
R
F1 70周年記念GP
07 8月
イベント 進行中 . . .
14 8月
次のセッションまで……
6 days
28 8月
次のセッションまで……
20 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
27 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
34 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
48 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
62 days
23 10月
次のセッションまで……
76 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
84 days

レーシングポイント、スペインで大型アップデートも実らず……ペレス「少し心配」

シェア
コメント
レーシングポイント、スペインで大型アップデートも実らず……ペレス「少し心配」
執筆:
2019/05/26 10:28

セルジオ・ペレスは、チームがスペインGPで行った大型アップデートを最適化するのになぜ苦労したのか、答えが出ていないことを“少し心配している”と語った。

 レーシングポイントはF1第5戦スペインGPにおいて、大型のアップデートを施したマシンを持ち込んだが、ドライバーのセルジオ・ペレスはそのマシンに不満を抱いていた。ペレスは第4戦のアゼルバイジャンGPでは6位に入賞していたが、スペインでは15位に終わった。さらに第6戦モナコGPでも、レーシングポイントは2台揃ってQ1敗退となってしまった。

 モナコGP開幕前、ペレスは現状を「少し心配している」として、次のように語っていた。

「僕たちのスペインでのパフォーマンスは予想以上にひどかった。だから様子を見るよ。僕たちはそれ(不調)が単にトラックに関連するものだったことを願っている」

「僕たちに競争力があって、通常のレベルに戻れることを期待している。シーズンを通してペースには苦しんできたが、今週末はたくさんのポイントを獲得して良い週末にしたい」

「ここでは予選によるものが大きいと思う。基本的にレース結果の95%はマシンによって決まるが、ここでは(ドライバーによるものが)5%よりも大きいかもしれない」

 また、スペインGPでの苦戦について何か答えは出ているのかを問われたペレスは、こう答えた。

「現時点ではノーだ。僕たちはまだ少し分析をしていて、パフォーマンスの悪さについて具体的な答えは出ていない」

「それ(アップデート)はバルセロナで助けになると思っていた。週末ではペースを掴んで競争力を高めることが重要だ」

 なおレーシングポイントは第11戦ドイツGP付近にも、空力コンセプトの変更を含む大型アップデートを行うとされている。

 ただ、ペレスはそれまで改善を待つことはできないと語った。

「ドイツまでにいくつものレースがある。レースごとに考えることが重要だ。今僕たちは大きなチャンスがある。そしてそのチャンスを最大限活かすことが大事だ。僕たちは5レースを終えてコンストラクターズ選手権で5位につけているんだ」

「だからレースごとに最善を尽くしていくしかないんだ。今週末のレースはまた鍵となるだろう」

「チャンスを最大限活かさなければいけない。毎週末そうすることで競争力のあるマシンを作ってしまえば、あとは少し楽になるだろう」

ルノー、ハースの“マージン”はもうない……サインツJr.、激しい中団争いを語る

前の記事

ルノー、ハースの“マージン”はもうない……サインツJr.、激しい中団争いを語る

次の記事

ルクレールまさかの予選Q1落ち。フェラーリ「次戦以降戦略の手順を変える」

ルクレールまさかの予選Q1落ち。フェラーリ「次戦以降戦略の手順を変える」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー セルジオ ペレス 発売中
チーム Racing Point
執筆者 Adam Cooper