F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
28 8月
次のセッションまで……
16 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
23 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
30 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
44 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
58 days
23 10月
次のセッションまで……
72 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
80 days

ショートカットされたらお手上げ……ペレス、モナコのシケイン見直しを要求

シェア
コメント
ショートカットされたらお手上げ……ペレス、モナコのシケイン見直しを要求
執筆:
協力: Edd Straw
2019/05/31 3:15

セルジオ・ペレスは、F1がモンテカルロ市街地コースにあるシケインの調整を検討するべきだと主張した。

 ケビン・マグヌッセン(ハース)は、F1モナコGPでセルジオ・ペレス(レーシングポイント)とバトルしていた際にシケインをショートカットし、レース後にタイムペナルティを科せられた。なお、ペレスのチームメイトであるランス・ストロールも同様の違反を犯した。

 それに対し、ペレスはモナコのシケインに問題があるとして、次のように語った。

「それは非常に残念なことだ」

「モナコでは仕掛けるところがたったひとつしかないので、前のマシンがシケインをカットしてしまうと、他にチャンスはない」

「それは間違いなく、我々が話し合うべきことだ。彼はスペースを与えたかもしれないが、仕掛ける場所はどこにもない」

 ペレスはシケインをカットするマシンがより減速するために、再合流するための新たなシケインを用意するなど、調整を図るべきだと訴えた。

 その代表的な例として挙げられるのが、イタリアGPが開催されるモンツァ・サーキットの第1シケインである。そこをオーバーシュートして直進する際は、シケイン状の再合流ルートを通る必要があるため、必然的にタイムロスとなる。

「シケインをカットした人がタイムをロスするためには、小さなシケインが必要だと思う」とペレスは語った。

「それはここからの数レースに向けて見直す必要があることだ」

 しかし、当のマグヌッセンはレース後、ペレスとの一件について軽くあしらった。

 ペナルティの裁定が下される前にマグヌッセンは、この一件を“なんでもないこと”だとし、“明らかに”レーシングインシデントだと答えた。

 また、レースを制したルイス・ハミルトン(メルセデス)も、終盤にマックス・フェルスタッペン(レッドブル)から軽く接触された際、シケインをカットしている。しかし、スチュワードはどちらのドライバーにもペナルティを科さなかった。

絶望的状況に冷静に対処……ウェーバー&ロズベルグ、ハミルトンの勝利を賞賛

前の記事

絶望的状況に冷静に対処……ウェーバー&ロズベルグ、ハミルトンの勝利を賞賛

次の記事

シカゴF1フェスティバルのPV公開。ベアーズQBがF1をドライブ??

シカゴF1フェスティバルのPV公開。ベアーズQBがF1をドライブ??
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー セルジオ ペレス 発売中
チーム Racing Point
執筆者 Matt Beer