F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

ペレス、モナコでは“かなり苦しい”と予想。唯一の希望は雨?

シェア
コメント
ペレス、モナコでは“かなり苦しい”と予想。唯一の希望は雨?
執筆:
2019/05/26 12:20

セルジオ・ペレスは、レーシングポイントがモナコGPで苦戦すると予想しており、雨が降らなければ“かなり苦しい”と考えている。

 F1第6戦モナコGP予選でレーシングポイントの2台は、セルジオ・ペレスが17番手、ランス・ストロールが18番手に終わり、2台揃ってQ1敗退となった。

 決勝では終盤に雨が降る可能性があるとされているが、ペレスはそれがモナコで良い結果を持ち帰るための“唯一の方法”だと語った。

「うまくいけば、雨が僕たちの助けになり、ポイントを獲得することができるだろう。そうでなければ、明日(決勝日)はかなり苦しいだろう」

 ペレスは今季の激しい中団争いを引き合いに出して、あとコンマ数秒を引き出せばQ2に進出できたはずだと感じている。

「最後の練習走行では、残念ながら僕たちに十分な競争力があるようには思えなかった」

「多くの作業が進行中なので、うまくいけばそれが助けとなってポイントを獲得できるだろう。ここまでは非常にフラストレーションのたまる週末だ」

「それ(中団争い)は非常にチャレンジングで、マージンはとても少ない。あとコンマ2、3秒あれば、状況は変わっていたかもしれない。残念ながら今回それは得られなかった」

 一方のストロールも、レーシングポイントが週末を通して苦しんでいたことを認めた。しかしながら、モナコはチームのパフォーマンスレベルを正しく表さないとして、スペインGPに行われたアップグレードがうまくいったかどうかを判断しようとはしていない。

「僕たちの週末ではなかった」とストロールは語った。

「マシンはペースの面で苦しんでいた」

「間違いなく良い走りができなかった。最初のアタックも悪くなかったが、(トラフィックに引っかかった)2回目の方が明らかに良くなっていた」

「僕たちがQ2に進むためには、コンマ2、3秒が足りない。ただ、モナコは特殊な場所なので、これが僕たちの位置を完全に表しているとは思わない」

「チームとしてはまだ日が浅く、進んでいる途中だが、明日(決勝日)に集中しなければならない。そこで雨が降れば多少は混乱は起こるだろうが、結局のところ僕たちの週末ではない。見て学ぶべきことがいくつかある」

次の記事
ルクレールまさかの予選Q1落ち。フェラーリ「次戦以降戦略の手順を変える」

前の記事

ルクレールまさかの予選Q1落ち。フェラーリ「次戦以降戦略の手順を変える」

次の記事

今のルノーには”真の”予選モードがある……今後に期待するリカルド

今のルノーには”真の”予選モードがある……今後に期待するリカルド
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第6戦モナコGP
ドライバー セルジオ ペレス 発売中
チーム Racing Point
執筆者 Jake Boxall-Legge