F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
28 8月
次のセッションまで……
16 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
23 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
30 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
44 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
58 days
23 10月
次のセッションまで……
72 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
80 days

ペレス、4番手獲得の予選は100%の体調ではなかった?「何故かめまいがした」

シェア
コメント
ペレス、4番手獲得の予選は100%の体調ではなかった?「何故かめまいがした」
執筆:
2020/07/19 2:37

レーシングポイントのセルジオ・ペレスは、F1ハンガリーGPの予選でめまいに悩まされていたという。

 F1第3戦ハンガリーGPの予選では、レーシングポイント勢が速さを見せた。ランス・ストロールが3番手、セルジオ・ペレスが4番手に入り、グリッド2列目を確保したが、ペレスの体調は万全ではなかったようだ。

Read Also:

 ペレスは予選Q3最初のアタックでターン4のトラックリミットを超えてしまい、タイム抹消となったが、2度目のアタックではラップをまとめることができた。

 予選後にペレスは、セッションが進むにつれて体調を崩し始めていたことを明かした。

「チームにとっては良い結果になった。でも僕個人としては色々なことが起きていた」とペレスは語った。

「予選中は身体的に100%の状態とは言えなかった。予選では何故かめまいがし始めていた」

 具体的にどういった問題を抱えているのか尋ねられたペレスは、こう続けた。

「分からない。昨日から首に痛みがあるんだ」

「(めまいは)突然起こった。首は少し痛いけど、サーキットの途中で急にめまいがするようになったんだ。それでも、4番手というのは明日の決勝に向けて良い結果だと思うよ」

 そう語ったペレスだが、予選で起きた体調の問題が日曜のレースに影響するとは考えていないという。レーシングポイントは予選Q2をミディアムタイヤで通過したことにより、決勝はミディアムタイヤでのスタートとなる。ペレスはレースでそのアドバンテージを活かし大量ポイント獲得を期待している。

「予選はチームにとって素晴らしい結果になったと思う」

「僕たちは終始良い感じだった。チームの結果には満足しているし、明日の決勝ではうまくまとめて、多くのポイントをチームにもたらすことができればと思っている」

「僕たちのペースは良い。ミディアムコンパウンドでスタートすることになるので、それがレースでは有利になると思う。最初のスティントで柔らかい方のタイヤを履いた人たちは苦戦する可能性があるからね」

 

Read Also:

アルボンは”無能”じゃない! ラッセル、マシンに手を焼くアルボンを擁護

前の記事

アルボンは”無能”じゃない! ラッセル、マシンに手を焼くアルボンを擁護

次の記事

首位争いの期待も、まさかの7番手。ホンダ田辺TD「非常に厳しい結果になった」

首位争いの期待も、まさかの7番手。ホンダ田辺TD「非常に厳しい結果になった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ハンガリーGP
ドライバー セルジオ ペレス 発売中
執筆者 Jonathan Noble