“ピンク・メルセデス”は本家並みの速さ? 「間違いなくポテンシャルがある」とペレス

セルジオ・ペレスは、“ピンク・メルセデス”のレーシングポイントRP20が、本家メルセデスと同じくらい速いことを期待している。

“ピンク・メルセデス”は本家並みの速さ? 「間違いなくポテンシャルがある」とペレス

 レーシングポイントの2020年マシン『RP20』は、そのコンセプトがメルセデスの昨年マシンを追随したものだと明らかになったため、プレシーズンテストの話題のひとつとなっている。

 メルセデスW10とデザインが酷似しているRP20は、“ピンク・メルセデス”と呼ばれはじめているが、レーシングポイントのセルジオ・ペレスはパフォーマンス面でも“本家”と同じレベルであることを期待している。

「彼ら(メルセデス)のマシンと同じくらいのパフォーマンスを発揮できることを期待しているけど、それを判断するには時期尚早だと思う」

 テスト2日目を総合2番手タイムで終えたペレスはそう語った。

「やるべきことがまだたくさんある。多くの(やるべき)仕事がある。そして全てのチームが全力で取り組んでいる」

「ただ、開幕戦で(メルセデスに)限りなく近いマシンを持ち込めたら最高だ。そうなればかなりポジティブだ。僕たちはこれまでのシーズンよりも学習することに集中できている」

「今日も僕たちは正しい軌道に乗っていると感じたし、マシンは間違いなくポテンシャルがあると思う。だから力強いシーズンのスタートを切れたらいいなと思っている」

 レーシングポイントのテクニカルディレクターであるアンドリュー・グリーンはmotorsport.comに対し、チームがメルセデスから着想を得たデザインにシフトチェンジすることは“大きなリスク”だと語っていた。

 ただペレスは、このギャンブルには価値があると考えている。

「僕たちはこれまで、一定のデザインに慣れ親しんでいた感があったけど、それを劇的に変化させた。したがって、マシンは大きく形を変えることになった」とペレスは語った。

「オペレーションの方法などもかなり変わってくる。だからそれは大きなリスクだ。でも、リスクを負う価値はあると思う」

「もちろん、取り組むべきことはたくさんある。ただ、僕たちは素晴らしい“ベース”を手にすることができたと思うし、高いポテンシャルを秘めていると思う」

「今はとにかく、メルボルン(開幕戦)に向けてできる限りの準備を整えるために、懸命に仕事をする必要がある」

 

Read Also:

シェア
コメント
レッドブル・ホンダRB16初走行のアルボン、「マシンの力強さ感じた」と手応え

前の記事

レッドブル・ホンダRB16初走行のアルボン、「マシンの力強さ感じた」と手応え

次の記事

メルセデスDASの効果をベッテル軽視「ゴム草履を履いて走るみたい」と違和感

メルセデスDASの効果をベッテル軽視「ゴム草履を履いて走るみたい」と違和感
コメントを読み込む