F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
4 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
18 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
24 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
38 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
52 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
59 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
73 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
80 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
94 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
108 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
136 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
143 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
150 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
164 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
171 days
07 10月
次のセッションまで……
178 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
192 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
199 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
207 days
03 12月
次のセッションまで……
235 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
244 days

ベッテルがレーシングポイント加入なら……ペレス「誰がいなくなるのかは”明らか”だ」

セルジオ・ペレスは、レーシングポイントが2021年のドライバーとしてセバスチャン・ベッテルと契約した場合、誰がチームを去るのかは明白だと話した。

ベッテルがレーシングポイント加入なら……ペレス「誰がいなくなるのかは”明らか”だ」

 フェラーリがセバスチャン・ベッテルとの契約を延長しないことを選択してから、ベッテルの2021年以降の去就は不透明だったが、彼はレーシングポイントと話し合いを行なっているようだ。

 ベッテルは、この話し合いはまだ具体的なものではなく、チームとはいかなる契約も交わしていないと述べた。しかし、今季開幕から優れたパフォーマンスを発揮し、2021年からはアストンマーチンのワークスチームとなることが決まっているレーシングポイントにとって、4度のF1チャンピオン獲得を経験しているベッテルの経験が貴重なのも事実だろう。

Read Also:

 レーシングポイントは現在、セルジオ・ペレスとランス・ストロールをドライバーとして起用している。ペレスは昨年、チームとの契約を更新し、今年は3年契約の1年目にあたる。一方、ストロールはチームオーナーであるローレンス・ストロールの息子。チームがアストンマーチンへと姿を変えるのも、ローレンス・ストロールがアストンマーチンの大株主となった影響が大きい。

 ペレスは先週、自分はチームと有効な契約を結んでいると強調したが、ローレンス・ストロールがベッテルと契約することを決めた場合、自分がチームを離れることになる可能性が高いと示唆した。

「誰かが出ていかなくてはならなくなったら、(選択は)明らかだと思う」

 ペレスは、『Movistar+ F1』のインタビューでそう語った。

「僕もひとりの父親だ。僕なら息子を追い出そうとはしないだろう。だけど、僕に言えることはあまりない。たくさんの噂があるんだ。僕から見たら、何も変わっていない。全てが同じままだ。僕はチームと契約しているんだ」

 ペレスの契約には、チームが行使できる途中解除条項があるとされてきたが、ペレスはインタビューで、スポンサー契約に関連する解除条項があると認めた。彼はメキシコの電気通信大手テルメックスから支援を受けており、テルメックスが彼の契約にとっての鍵と言えそうだ。

「すべての契約には、多くの条項があるものだ」と、ペレスは話した。

「それ(契約の解除条項)はスポンサーシップと少し関連がある。それが行使されないように、全てのスポンサーと懸命に取り組んでいる」

「ひとつのスポンサー次第だとは言わないが、それが問題の多くの部分を占めている」

 ペレスは、すでに他のF1チームからアプローチを受けており、中には他のチャンピオンシップへの参戦オファーも届いていると明かしている。

Read Also:

シェア
コメント
苦しむレッドブル、マシンの不安定な挙動は空力が原因か。「何か異常がある」とチーム代表

前の記事

苦しむレッドブル、マシンの不安定な挙動は空力が原因か。「何か異常がある」とチーム代表

次の記事

フライング疑惑のボッタスはお咎めなし。「我々の判断基準は検知システム」とFIA

フライング疑惑のボッタスはお咎めなし。「我々の判断基準は検知システム」とFIA
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ランス ストロール , セバスチャン ベッテル , セルジオ ペレス
チーム Racing Point
執筆者 Luke Smith