ペレス「僕はポールポジションを獲るべきだった」最終周最終コーナーのミスを悔やむ

レッドブルのセルジオ・ペレスは、F1エミリア・ロマーニャGPの予選Q3最後のアタックで、最終コーナーでミスを犯したことでポールポジションを逃したと悔しがった。

ペレス「僕はポールポジションを獲るべきだった」最終周最終コーナーのミスを悔やむ

 レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは、F1エミリア・ロマーニャGPの予選Q3で、メルセデスのルイス・ハミルトンに次ぐ2番グリッドを確保。彼にとってはF1での予選最高位(3番手)を更新することになった。

Read Also:

 しかしそのハミルトンとの差は0.035秒。瞬きする間もないほどの僅差だ。ペレス曰く、最終コーナーでのミスがなければ、ポールポジションも夢ではなかったという。

「僕は今日、ポールポジションを獲るべきだった」

 ペレスは予選後にそう語った。

「最後のラップの最終コーナーで、ミスをしてしまった。それを考えれば、全てがポジティブだと思う」

「僕らは、確実に進歩を続けていく必要がある。そして、重要なのは明日だ」

 ペレスはFP1でエステバン・オコン(アルピーヌ)と接触するなど、うまくいかない初日だった。しかしそこから巻き返してのフロントロウ獲得。この好結果には驚いたと、ペレスは語る。

「チームには、よくやったと言わざるを得ない」

 そうペレスは語る。

「僕は昨日、ミスを犯した。そしてその後は1日中懸命に働いた。だから、いい形でリカバリーできたと思う」

「最も重要なことは、常に進歩していることを示すということだ。昨日の時点では、僕はこんなポジションに立てるとは思ってもみなかった。改善を続けてきたけど、2番手であることが重要なんだ」

 ペレスはQ2最速タイムをソフトタイヤで計測したため、決勝スタートでもこのソフトタイヤを装着することになる。しかしポールポジションのハミルトンと、3番手でチームメイトのマックス・フェルスタッペンは、ミディアムタイヤでのスタート。つまり、第1スティント序盤のペースは、ペレスにとって有利になる可能性が高い。

「明日は何でも起こり得ると思う」

 そうペレスは語る。

「僕らは、ルイスやマックスとは異なる戦略を採っている。だから、何ができるかを見るのは面白いだろう」

「重要なのはポイントを獲得すること、そしてしっかり戦うことだ。これが現時点での最優先事項だ」

 フェルスタッペンも最終ラップでミスし、ハミルトンにわずか0.087秒及ばず、3番手となった。

「あまり良い結果じゃない」

 そうフェルスタッペンは語った。

「予選Q3で、ターン3でコースオフしてしまった。だから、少し混乱していたし、良いラップじゃなかった。でも、いつも良いアタックができるわけじゃない」

「何が悪かったのかは検証するつもりだ。でも、それは簡単なことじゃない。それでも、3番グリッドというのは、良いスタート位置だ」

「僕らは2台のマシンが、異なるタイヤを履いてスタートする。それがどう機能するか、楽しみだ」

「メルセデスにとって難しいレースにできるように努めるよ」

 

Read Also:

シェア
コメント
アルファタウリのテクニカルディレクター、角田裕毅のクラッシュは「新人が成長していく過程」

前の記事

アルファタウリのテクニカルディレクター、角田裕毅のクラッシュは「新人が成長していく過程」

次の記事

アルファタウリ・ホンダ「最大限のポイントを獲るために、ふたりのドライバーとアグレッシブに戦う」

アルファタウリ・ホンダ「最大限のポイントを獲るために、ふたりのドライバーとアグレッシブに戦う」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント エミリア・ロマーニャGP
ドライバー セルジオ ペレス
チーム レッドブル・ホンダ
執筆者 Luke Smith