F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

ペレス、アメリカGPのFP2で重量計測を無視。決勝でピットスタートのペナルティ

シェア
コメント
ペレス、アメリカGPのFP2で重量計測を無視。決勝でピットスタートのペナルティ
執筆:
2019/11/02 3:27

レーシングポイントのセルジオ・ペレスは、アメリカGPのフリー走行2回目終わりに、ピットレーン入口での重量計測に応じなかったため、決勝レースではピットレーンスタートを強いられることになった。

 レーシングポイントのセルジオ・ペレスは、フリー走行中の車重計測の呼び出しに応じなかったとして、アメリカGPの決勝レースをピットレーンからスタートせざるを得なくなった。

Read Also:

 ペレスは車重計測のための呼び出しサインを見逃してしまい、ピットレーンをそのまま進んでしまった。チームが彼にそのことを知らせたところ、ペレスはピットレーン上で一時停止。チームに対して、何をすべきかと尋ねた。

 するとチームは、ガレージに戻るように指示を出した。ペレスはマシンを再発進させ、ガレージ前で停止。チームはそこで、タイヤ交換の練習をしてしまったのだ。ペレスはその後車重チェックに戻ったが、時すでに遅しだった。

 F1のスポーティングレギュレーションでは、ドライバーが車重チェックを見逃してしまった時、マシンに作業を加えてしまった場合は、ピットレーンスタートのペナルティを受けることになると規定されている。

 金曜日の夜にペレスとレーシングポイントと話した後、その他の選択肢はなかったとFIAは説明した。

「スチュワードはビデオによる証拠を見直し、11号車のドライバー(セルジオ・ペレス)と彼のチーム代表者から話を聞いた。そしてそのドライバーは、必要な時に計量のために止まることができなかったと判断した」

「その代わりに彼は走り続けてピットストップを行い、マシンを持ち上げて作業を加え、4つのホイール全てを交換することでレギュレーションの29.1a項に違反した」

「科されるペナルティは、F1のスポーティング・レギュレーションに基づいて指定された、必須のペナルティである。そしてスチュワードには、他のペナルティを科す裁量権はない。

Read Also:

次の記事
レッドブル重鎮、ホンダへの信頼揺るがず「来季に向けての自信を与えてくれる」

前の記事

レッドブル重鎮、ホンダへの信頼揺るがず「来季に向けての自信を与えてくれる」

次の記事

とても受け入れられない……COTAの激しいバンプに、F1ドライバーたちが猛批判

とても受け入れられない……COTAの激しいバンプに、F1ドライバーたちが猛批判
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第19戦アメリカGP
ドライバー セルジオ ペレス 発売中
チーム Racing Point
執筆者 Jonathan Noble