F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
13 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
27 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
41 days

ペレス、レーシングポイントとの契約延長間近「交渉は最終段階」

シェア
コメント
ペレス、レーシングポイントとの契約延長間近「交渉は最終段階」
執筆:
2019/08/02 0:40

セルジオ・ペレスは、2020年以降もレーシングポイントに留まる可能性が高まっているものの、まだ契約は締結されていないという。

 2014年にフォースインディアに加入、以来変わらず同チームに所属し、チーム名称がレーシングポイントと変わった今も活躍を続けているセルジオ・ペレス。そのペレスは、来季ハースに移籍する可能性も指摘されていたものの、レーシングポイントとの契約を延長することを基本線として考えているようだ。

 いくつかの情報源によれば、すでにペレスとレーシングポイントの契約は決まっており、発表が待たれるだけという段階であるという。一説には、ハンガリーGPの週末にも契約延長が発表されるとの話もある。

 ペレスは「物事は落ち着いた状況にあると思う」と語った。

「僕の優先事項は、このチームとの契約を続けることだ」

「まだ契約は完了していない。契約を結ぶための最終段階にある。でもF1では、契約が交わされるまでは、何が起きるかわからない。前にも言ったように、将来に向けては非常に良い見通しを持っているから、楽しみにしているんだ」

 これまで、フォースインディア時代のペレスの契約は、彼の母国であるメキシコのスポンサーとチーム間の契約が大きく影響を及ぼしてきたため、非常に複雑だった。これが今回の交渉にも影響しているようだ。

「それが原因で、僕の契約にはもう少し時間がかかる。でも時間の問題だと僕は思う」

 レギュレーションが大きく変わる2021年に向けてチームを移る自由度を残しておくために1年契約を目指しているのか? それとも複数年契約を結びたいと考えているのか? そうmotorsport.comに尋ねられたペレスは、チームの将来性に期待していると語った。

「チームの将来の見通しと野心は、非常に大きいと思う」

 そうペレスは語った。

「チームが前進しているのを見てきた。だから長期契約を交わすのが良いと思う」

「僕はそれが、チームにも僕にとってもうまくいくと思う。理想的には、長期的な契約を結びたいと思う。そしてうまくいけば、全てのことを解決できるだろう」

 2021年以降のレギュレーションでは、チーム間の格差を是正することが目指されている。それを考えれば、レーシングポイントに留まることはメリットがあると考えているとペレスは認める。

「そう思うね。周りを見渡せば、ここは間違いなく良い場所だと思う。僕はこのチームに長いこと携わってきたんだから」

「このチームの全ての管理プロセスと、このチームで起きた全てのことを覚えている」

「だから1年後にチームがどこにいるのかということを確認できることを、とても誇りに思っている。僕の仕事は間違いなく、まだ完成していない。僕はこのチームととても長いこと仕事をしてきたが、もっと良い成績を残せると思うんだ」

次の記事
伝統のグランプリはどうなる? ベッテル「情熱がある場所でレースするべき」

前の記事

伝統のグランプリはどうなる? ベッテル「情熱がある場所でレースするべき」

次の記事

F1スペインGP、2020年も開催へ。州政府が1年の契約延長を承認

F1スペインGP、2020年も開催へ。州政府が1年の契約延長を承認
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー セルジオ ペレス 発売中
チーム Racing Point
執筆者 Adam Cooper