F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
1 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
8 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
22 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
36 days

トラブル発生ペレス、新品の”旧型”フェーズ2を採用。フェーズ3の信頼性に懸念?

シェア
コメント
トラブル発生ペレス、新品の”旧型”フェーズ2を採用。フェーズ3の信頼性に懸念?
執筆:
2019/09/08 4:16

イタリアGPの予選Q2でパワーユニットのトラブルに見舞われたレーシングポイントのセルジオ・ペレスは、決勝に向けて新品の旧型”フェーズ2”パワーユニットを投入することを決めたようだ。

 レーシングポイントのセルジオ・ペレスは、F1イタリアGPの予選Q2でパワーユニット(PU)のトラブルに見舞われ、マシンをコース脇に止めることになった。問題の原因については調査が行われているが、チームは日曜日の朝に新しいPUを投入する必要があることを理解している。

Read Also:

 チームはペレスのマシンに、最新のフェーズ3のPUではなく、従来のフェーズ2を起用するようだ。もしフェーズ3を投入することになれば、今回フェーズ2を使っていたペレスのマシンは”仕様変更”とみなされ、ピットレーンスタートを強いられることになる。しかしフェーズ2を投入すれば、グリッド降格のみで済むからだ。

 チーム代表のオットマー・サフナウアーは、次のように語った。

「我々がやろうとしていることは、新品のフェーズ2を投入することに適していると思う。おそらく、19番手スタートになるだろう。(マックス)フェルスタッペン(レッドブル)よりも前から、スタートできると思う。彼もパワーユニットを交換したし、そして予選でも我々は彼を上回ったからだ。19番グリッドからスタートして、どうなるか見てみよう」

 トラブルが発生した当時、ペレスはカナダGPで投入したスペック2を使用していた。これは先週末に行われたベルギーGPで投入されたフェーズ3のPUが、早々にトラブルに見舞われたからだ。また、いずれフェーズ3を投入するタイミングについて、柔軟性を手にすることにも繋がる。

「フェーズ3を投入すると、パフォーマンスを手にできたとしても、ペナルティを受けることになってしまう」

 そうサフナウアー代表は語る。

「しかし、Q1でスピンしたり、何か失敗するなどして最後尾になったら、その時にはフェーズ3を投入することができる」

 フェーズ3の信頼性に懸念があるから、フェーズ2を選んだのではないか? そう尋ねられたサフナウアー代表は、「私は十分に理解していない。だから、それについてはメルセデスに尋ねる必要のあることだ」と語った。

「今回のように、もし一部の製品で初期トラブルが発生した場合、最初のトラブルが出なければそれが生じる可能性が本当に低くなるのかどうか、それは分からない。しかし投入初期には、トラブルが出る確率は高くなるものだ。でも、これはメルセデスの製品だ」

「メルセデスのPUは一般的には信頼性の面で実に優れているため、今回のことを乗り越えるだろう。彼らはそういうことに対して本当に強いんだ」

Read Also:

次の記事
「ポールポジションとの差はトウの有無」ベッテル、Q3アタック不発に不満

前の記事

「ポールポジションとの差はトウの有無」ベッテル、Q3アタック不発に不満

次の記事

「クラッシュが起こるまで何も変わらない」ハミルトン、“トウ”をめぐる争いに諦め?

「クラッシュが起こるまで何も変わらない」ハミルトン、“トウ”をめぐる争いに諦め?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第14戦イタリアGP
ドライバー セルジオ ペレス 発売中
チーム Racing Point
執筆者 Jonathan Noble