レッドブル・ホンダのペレス、速さを活かせなかった予選を悔やむ「最低でもフロントロウには行けたはず……」

F1アゼルバイジャンGPで予選7番手に終わったセルジオ・ペレスは、フロントロウを獲得できなかったことに「非常にイライラする」と語った。

レッドブル・ホンダのペレス、速さを活かせなかった予選を悔やむ「最低でもフロントロウには行けたはず……」

 F1アゼルバイジャンGPの予選で7番手に終わったセルジオ・ペレス。彼は週末を通して速さを見せていただけに、この結果に苛立っているようだ。

 ペレスは金曜午後に行なわれたフリー走行2回目で1分42秒115を記録してトップに。これはフリー走行全体で見ても最速のタイムであり、レッドブル・ホンダによるフロントロウ独占も狙える状況で予選を迎えた。

 しかし、Q3最初のアタックでペレスは、Q2で自身が記録したタイムよりもコンマ3秒遅れてしまい、トップのシャルル・ルクレール(フェラーリ)から0.699秒差の7番手にとどまった。そして各車がラストアタックを行なうタイミングで角田裕毅(アルファタウリ)がクラッシュしたため、予選はここで赤旗終了。ランド・ノリス(マクラーレン)のグリッド降格により6番グリッドに繰り上がったペレスだが、理想とは程遠いポジションから決勝を迎えることになった。

Read Also:

「本当にガッカリした1日だった」

 そう語ったペレスは、Q3最初のアタックについて次のように説明した。

「ターン4までは素晴らしいラップだった。その時点でコンマ2秒ほど稼げていたけど(ターン4で)ロックアップしてしまった。ランドに近付きすぎて風の影響を受けた結果、ロックアップして台無しにしてしまった」

「良いラップタイムを出す自信はあった。ここまでの週末で調子が良かったからね。でも肝心のQ3は最悪だった」

 ペレスは週末を通してポジティブな点を多く感じられたことから、フロントロウで決勝を迎えることができたはずだと考えている。

「今日の結果には本当にイライラする。僕たちは最低でもトップ2、フロントロウに入れるはずだったからだ」

「でもポジティブなことがたくさんあった。僕たちは力強いレースペースを発揮できるはずだと思っている」

 長い直線区間を誇るバクーで行なわれた今回の予選では、先行するマシンのスリップストリームを使いながらアタックをするために、各車が団子状態でアウトラップを走り、実質的な最終コーナーであるターン16手前で適切な間隔を取りながらアタックに入っていくというシーンが見られた。ペレスはその際、アタックに向かおうとするドライバーを追い抜き、紳士協定を破った者がいたと語った。

「ここは広いサーキットだけど、みんなが近くで走りたいので、アウトラップでアタックに向かおうとする時は最悪な状態だ」

「トラックポジションという点では、Q3はこれまでの週末で最悪だった」

「みんなが同時に走りながら、ギャップを確保していったのに、何人かは紳士協定を尊重せずにオーバーテイクした。それが事態をさらにややこしくした」

「僕たちは大事な時にアタックをまとめられなかった。単純にそれだけだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
スパ・フランコルシャン、大規模洪水により路面にダメージ。復旧作業は近日中に完了か
前の記事

スパ・フランコルシャン、大規模洪水により路面にダメージ。復旧作業は近日中に完了か

次の記事

アゼルバイジャンGP初日大苦戦から一転予選2番手ハミルトン「とんでもない結果」と喜び露わに

アゼルバイジャンGP初日大苦戦から一転予選2番手ハミルトン「とんでもない結果」と喜び露わに
コメントを読み込む