F1 エミリア・ロマーニャGP

ピアストリ、予選2番手も痛恨のペナルティ。マグヌッセンの妨害で、3グリッド降格

マクラーレンのオスカー・ピアストリは、予選でケビン・マグヌッセンを妨害したとして、2番手から3グリッド降格ペナルティを受けた。

Pole man Max Verstappen, Red Bull Racing, Oscar Piastri, McLaren F1 Team, talk in Parc Ferme after Qualifying

 マクラーレンのオスカー・ピアストリは、F1第7戦エミリア・ロマーニャGPの予選でマックス・フェルスタッペン(レッドブル)に肉薄する2番手となったが、3グリッド降格ペナルティを受けてしまった。

 ピアストリは予選Q1で、ケビン・マグヌッセン(ハース)のアタックをタンブレロで妨害する形となってしまった。結果として、マグヌッセンは18番手でQ1敗退。一方、彼のチームメイトであるニコ・ヒュルケンベルグはQ3に進出し10番手となっている。

 ピアストリ曰く、ターン2手前のメインストレートが左にカーブしていたため、マグヌッセンが死角に入ってしまい、ミラーに映ったクルマは「1台もなかった」のだという。

 レーススチュワードはピアストリに同情しながらも、手遅れになる前にドライバーにトラフィックの接近を警告するのがチームの義務だと判断した。

 実際、2台の速度差は約140km/hもあり、マグヌッセンはその時点でわずか40~50mほどピアストリの後方にいた。そしてマグヌッセンがピアストリの真後ろに追いついたとき、ピアストリはシケインの真ん中にいたことになる。

 スチュワードは、次のように付け加えている。

「さらに、マグヌッセンがターン19の立ち上がりから速いラップを刻んでいたことは明らかだった」

「スロー走行中のクルマのトラフィック・マネジメントは、特にQ1では、チームとドライバーのコンビネーションにとって非常に重要な部分だ。今回のケースでは、十分な警告がなかったことが”不必要な妨害”を引き起こしたとスチュワードは判断している」

 マクラーレンのチーム代表であるアンドレア・ステラは、チームがもっとうまくコミュニケーションを取るべきだったことを認め、この決定を受け入れたと語った。

「スチュワードの評価と判断は尊重する」とステラ代表は答えた。

「我々はオペレーションを改善する必要がある。そして明日、今日失った順位を挽回したい」

 ピアストリは、マクラーレンが前戦マイアミGPで投入したアップデートのフルパッケージを今回使えるようになったが、その進歩を確認できたことに満足していると語った。

「正直なところ、今週末はずっと満足しているよ」

「クルマが速くなることが分かっているパーツをクルマに装着することは、常に自信につながる」

「昨日のロングランはよかったと思う。でもかなり僅差だ。それが今シーズンのストーリーだと思うし、ここ数戦はみんなタイトだった」

「オーバーテイクはとても難しいけれど、楽観的でいられると思う」

 ピアストリのペナルティにより、2番グリッドにはチームメイトのランド・ノリスが繰り上がり。フェラーリの2台もスターティンググリッドがひとつ上がることになる。

 

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 フェルスタッペン、“トウ仲間”ヒュルケンベルグのサポートに感謝!「ポール獲得の助けになった」
次の記事 フェラーリ、アップデートは上手く機能した? マクラーレン勢に敗北も「予想通り」とサインツJr.

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本