F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
54 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
61 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
75 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
89 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
103 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
110 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
124 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
138 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
145 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
159 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
166 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
180 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
194 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
222 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
229 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
243 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
250 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
264 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
278 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
285 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
299 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
313 days

ピレリ「新開発2020年用F1タイヤを使わない決断も受け入れる」と表明

シェア
コメント
ピレリ「新開発2020年用F1タイヤを使わない決断も受け入れる」と表明
執筆:
2019/11/26 23:31

ピレリは、F1チームが2019年のタイヤを使い続けることを決断しても大きな問題にはならないというが、その一方で2020年用のプロトタイプタイヤで行なった作業の全てが否定された理由を知る必要があると語る。

 F1アメリカGPの初日、フリー走行1回目と2回目には、各ドライバーあたり2セットずつの2020年仕様プロトタイプタイヤが供給され、テストすることが許された。しかしこのタイヤについては、多くのチームやドライバーが否定的な意見を発しており、来季も今季と同じタイヤを使い続けることを検討し始めている。

 シーズン最終戦のアブダビGP後には、ヤス・マリーナ・サーキットでさらなるタイヤテストが行なわれる予定になっており、これによって最終的にどうするか、その判断が下されることになる。

 多くのチームが2020年仕様としてピレリが用意したタイヤを使うことについて反対した場合、引き続き2019年仕様のタイヤが使われ続けることになる。

 ピレリの自動車レース部門代表のマリオ・イゾラは、もしチームが今季タイヤを使い続けることを選択した場合は、それに反論するつもりはないと語る。

「アブダビで、2020年用の構造を適切にテストしたい」

 そうイゾラは語る。

「そしてそのテストの後、データを分析する。チームの70%以上が同じ意見であった場合、その変更を要求することができる」

「何らかの理由で、2019年仕様のタイヤが2020年仕様よりも優れているという技術的な証拠によって決断が下された場合、2019年のタイヤを使い続けることになるだろう。2019年用のタイヤも、良い商品だからね。その決断に反対する理由はないよ」

「しかし明らかに、1年のテストが必要だった理由を理解しなければならない。その後で、別の結果が得られるんだ。これは、将来にとって重要なことだ」

 イゾラ曰く、オースティンで2020年仕様のタイヤが不評だった理由は、路面温度が低かったこと、そしてタイヤの挙動がこれまでとは異なっているからだと考えている。新タイヤを使いこなすためには、セットアップも変更する必要があるというのだ。

 一方アブダビの気温は概ね温暖であり、2020年仕様のタイヤがもたらす改善の度合いをより適切に示すことができるはずだという。

「アメリカでのテストは、いくつかの理由でよくあるコンディションではなかった。気象条件だけではない。レースの週末だから、誰もマシンのセットアップを最適化できなかった。新しいタイヤは、バランスが少し変わっているんだ」

「タイヤの形状も異なっている。そのため、エアロパッケージもそれに合わせて最適化する必要があるんだ。それでダウンフォースを失ってしまえば、明らかにグリップレベルは低下することになる」

「この新しいタイヤは、今とは異なる荷重で作動するように作られている。マシンが改良されることで、ダウンフォースが増えることに対応するためにね。耐性の強いタイヤを作る必要あったのだ」

「新しい構造のタイヤは、これまでとは異なる方法で使う必要がある。新しいタイヤを手にした時には、それを理解し、そこから最大の性能を引き出すには、少し時間がかかるんだ」

「そういうことは毎年起きる。昨年、チームは2019年用の構造に反対していた。しかし最終的には、今年のタイヤは改善に繋がっていた。ブリスターははるかに少なくなったし、コンパウンド間の性能差も正しい間隔になった。デグラデーションもそれほど高くはなかった」

 なおピレリが開発している2020年用タイヤは、チームやドライバーがパフォーマンスを最大限に発揮できるよう、その作動領域が広がるようにデザインされている。

Read Also:

次の記事
サインツJr.、マクラーレンに満足。”現状では”トップ3チーム入りも興味なし?

前の記事

サインツJr.、マクラーレンに満足。”現状では”トップ3チーム入りも興味なし?

次の記事

ザントフールトのバンクは「タイヤの空気圧を上げるしか対処法がない」とピレリ

ザントフールトのバンクは「タイヤの空気圧を上げるしか対処法がない」とピレリ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble