ピレリ、F1開幕戦オーストラリアGPのタイヤセットを公表

シェア
コメント
ピレリ、F1開幕戦オーストラリアGPのタイヤセットを公表
執筆:
2019/03/06 1:03

2019年シーズンの開幕がいよいよ迫ってきたF1。タイヤサプライヤーのピレリが開幕戦オーストラリアGPへ各チームが選択したタイヤセットを公表した。

 昨シーズンの7種類から2種類減少し、今シーズンは5種類のコンパウンドによるタイヤを供給するピレリ。タイヤは柔らかいコンパウンドをC5、そして最も硬いC1、といった具合に番号で区別され、その中から3種類のタイヤがレースに持ち込まれ、それがソフト、ミディアム、ハードと呼称される。

 開幕戦オーストラリアGPに向けてピレリが持ち込むタイヤコンパウンドは、C4とC3そしてC2となった。加えて、各チームの選択したタイヤセットも公表されている。

 公表されたタイヤ選択によると、昨シーズン同様に全てのチームが最も柔らかいコンパウンドを好ましいものとしているようだ。

 王者メルセデス、フェラーリ、レッドブルの3強はC2を1セット、C3を3セット、C4を9セットを選択。なお、シャルル・ルクレール(フェラーリ)はC3を1セット減らし、その分をC2に振り分けている。

 一方、ルノーのドライバーふたりはC2×2、C3×1、C4×10とソフトタイヤを多めに選択している。

 ウイリアムズのロバート・クビサはC2×2、C3×3、C4×8を選択。ジョージ・ラッセルはC2×1、C3×4、C4×8の内容を選択している。

 2019年シーズン開幕戦オーストラリアGPは3月15日に開幕する。

Selected sets per driver

Selected sets per driver

Photo by: Pirelli

次の記事
3月9日開催のホンダF1ファンイベント、観覧受付方法が一部変更

前の記事

3月9日開催のホンダF1ファンイベント、観覧受付方法が一部変更

次の記事

メルセデスTDが新車の”進歩”を解説「昨年のマシンが素朴に見える」

メルセデスTDが新車の”進歩”を解説「昨年のマシンが素朴に見える」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント 第1戦オーストラリアGP
執筆者 Pablo Elizalde
Be first to get
breaking news