フランスGPの持ち込みタイヤが公表。3強の選択はほぼ同じに

シェア
コメント
フランスGPの持ち込みタイヤが公表。3強の選択はほぼ同じに
2019/06/11 10:57

F1第8戦フランスGPの各チームの持ち込みタイヤの内訳が公表された。

 F1第8戦フランスGPにおける各チームのタイヤ選択リストが公表された。

 今季のピレリタイヤにはC1〜C5という5種類のコンパウンドが存在し、各レース3種類のタイヤが持ち込まれる。フランスGPへ持ち込まれるのは柔らかい順にC4、C3、C2となっており、順にソフト、ミディアム、ハードと呼ばれる。これはオーストラリア、中国、アゼルバイジャンと同じ組み合わせである。

 メルセデスは両名ともソフトを9セット、ミディアム3セット、ハード1セットを選択した。そして、前戦カナダGPで勝利を逃してしまったフェラーリも、メルセデスと同じ選択をしている。

 レッドブルは母国GPとなるピエール・ガスリーが、メルセデスらと同じセットを選択。しかし、マックス・フェルスタッペンはミディアムを全ドライバー中最多の4セット選択し、唯一トップ3チームの中で異なる組み合わせを選んだ。

 ルノー、ハース、アルファロメオ、そしてトロロッソはソフトを10セット持ち込んでいる。その中でも、ダニエル・リカルド(ルノー)、ロマン・グロージャン(ハース)、ダニール・クビアト(トロロッソ)の3名は、ミディアムを1セットしか持ち込んでいない。果たしてこの1セットをレースウィークエンドのどの段階で投入してくるのか、気になるところだ。

Selected sets per driver

Selected sets per driver

Photo by: Pirelli

次の記事
まるで試験前の学生? ズルズルと延びるF1新規則公表に、ルノー代表が懸念

前の記事

まるで試験前の学生? ズルズルと延びるF1新規則公表に、ルノー代表が懸念

次の記事

F1カナダGP、注目のチームラジオ集

F1カナダGP、注目のチームラジオ集
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第8戦フランスGP チケット
まずは最新ニュースを読む