F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
15 時間
:
12
:
22
28 8月
次のセッションまで……
14 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
21 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
28 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
42 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
56 days
23 10月
次のセッションまで……
70 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
78 days

ピレリF1テスト、予定を早めて切り上げ。ブエミが大クラッシュ

シェア
コメント
ピレリF1テスト、予定を早めて切り上げ。ブエミが大クラッシュ
執筆:
2019/07/19 5:46

シルバーストン・サーキットで行われていたピレリの2020年のF1用タイヤテストは、レッドブルのセバスチャン・ブエミが激しいクラッシュを起こしたため、予定を早めて終了することとなった。

 レッドブルF1のリザーブドライバーであるセバスチャン・ブエミは、水曜日にシルバーストンで行われたピレリのF1タイヤテストで走行を担当。しかし、高速でクラッシュを喫し、この日のテストを早めに切り上げることとなった。

 イギリスGP終了後のシルバーストン・サーキットでは、火曜日と水曜日にピレリのF1タイヤテストが行われた。このテストは、レッドブルとウイリアムズが担当した。

 その内、水曜日のレッドブルのドライブを担当したのがブエミだった。元トロロッソのドライバーでもあるブエミは、F1を離れた後もレッドブルの開発をサポート。シミュレータやテストでのドライブを担当してきた。

 そのブエミは、今回のテストで2020年用ピレリF1タイヤの準備のための走行を担当。しかし高速のアビーコーナー(ターン1)で激しくクラッシュしてしまうことになった。このクラッシュにより、この日の走行は、ウイリアムズも含めて早めに切り上げられた。

 この事故の原因は調査中であるものの、ブエミが怪我を負うことはなかったという。念のためメディカルチェックは受けたが、大事には至らなかったようだ。

 予定よりも早く走行が終了したとはいえ、この2日間のテストでレッドブルとウイリアムズの2チーム合計で2000kmを走破したという。

 次のピレリタイヤテストは、9月12日から13日にかけ、フランスのポール・リカールで行われる予定だ。

Read Also:

ヒュルケンベルグ、イギリスGPは不運続き「ポイントを“置き忘れた”」

前の記事

ヒュルケンベルグ、イギリスGPは不運続き「ポイントを“置き忘れた”」

次の記事

アロンソ、来季F1復帰を否定「F1以外の方が僕にとって魅力的」

アロンソ、来季F1復帰を否定「F1以外の方が僕にとって魅力的」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー セバスチャン ブエミ
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Scott Mitchell