F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
イベント 進行中 . . .
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
13 days
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
41 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
48 days
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
62 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
76 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
83 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
97 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
104 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
118 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
132 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
160 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
167 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
181 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
188 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
202 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
216 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
223 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
237 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
251 days

ピレリ、次回テストでオランダGP”バンク”対策F1タイヤをテスト

シェア
コメント
ピレリ、次回テストでオランダGP”バンク”対策F1タイヤをテスト
執筆:
2020/02/23 9:40

ピレリは、今年復活開催する予定のオランダGPのバンクに対処するためのタイヤを、来週行なわれるF1プレシーズンテストの後半に投入。各チームが試用することになる。

 2020年のF1第5戦として予定されているオランダGP。舞台となるザントフールト・サーキットは、最終コーナーにオーバルコースのようなバンクがつけられることになっており、工事が進められている。

Read Also:

 ピレリ曰く、現在改修されたザントフールトの検証作業中であるという。そして改修された最終コーナーの負荷が大きく、現状のタイヤでは耐えられない可能性が生じた場合に備え、代替使用することができるフロントタイヤを用意しているという。

 各チームは来週カタルニア・サーキットで行なわれるプレシーズンテストで、このプロトタイプタイヤを試す予定。この時投入されるのはC2コンパウンドのみだが、もし実際にこのタイヤが本戦でも使われることになれば、投入される3種類全てのタイヤが、バンクへの対策が施されたモノになるという。

「次のセッションでプロトタイプのフロントタイヤをテストすることを、チームに伝えるつもりだ」

 ピレリのF1責任者であるマリオ・イゾラはそう語った。

「このプロトタイプは、僅かに異なる構造で設計されている。ザントフールトのデータを、まだ分析しているからだ。バンクについていくつかの分析を行ない、これらのタイヤを少し高い内圧で使う予定だ」

「だから、そのための準備である。まだ路面の粗さなど、サーキットの最終的なデータを持ち合わせていない。だから、全てを把握できているわけではないので、ここで僅かに異なる構造をテストするというアイデアだった。このタイヤが、僅かに異なる形で作動する。そして、より耐久性があるんだ」

 イゾラは、新タイヤの準備は、”パニック”対策ではないと強調する。

「FIAと話し合い、そして合意に至ったことだ。『パニック』などという言葉は聞きたくない。パニックなど起きていないのだ。これは万が一の場合に備えておく必要があるという、真剣かつ専門的なプロセスの一部なんだ」

「最終的には、適切な形で通常と同じタイヤを使う場合もある。でも、我々は異なる構造のタイヤのドライバビリティもテストしたいと思った。そしてシーズン前のバルセロナのテストで、その機会を得たのだ」

「レギュレーションには、レースの週末に追加のプロトタイプタイヤをテストすることができるとも書かれている。1台あたり2セットだ。次のテストでも、1台につき2セットのプロトタイプタイヤを用意するつもりだ。1セットは4本のタイヤからなるが、そのうちフロントタイヤのみが通常とは異なっている」

 F1で、しかもバンクでの問題が発生したと言えば、インディアナポリス・モータースピードウェイで行なわれた2005年のアメリカGPが有名な事例である。このグランプリでは、フリー走行でミシュランタイヤを履くラルフ・シューマッハー(当時トヨタ)がクラッシュ。これにより、バンク走行時にミシュランタイヤの安全性に懸念があることが明らかになった。

 現場では様々な議論がなされたが、結局ミシュランタイヤユーザーは、フォーメーションラップを走っただけでピットに戻ってリタイア。ブリヂストンタイヤを履く6台のマシンのみでレースが戦われた。

Read Also:

Ralf Schumacher, Toyota TF105 crashes

Ralf Schumacher, Toyota TF105 crashes

Photo by: Motorsport Images

次の記事
リカルド、チーム移籍の”混乱”から脱出?「昨年のテストは異常だった」

前の記事

リカルド、チーム移籍の”混乱”から脱出?「昨年のテストは異常だった」

次の記事

DASの議論は続く……パルクフェルメ・ルールに違反する可能性も?

DASの議論は続く……パルクフェルメ・ルールに違反する可能性も?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper