2019年のピレリF1タイヤは一味違う? 新品タイヤが”輝いている”理由とは

シェア
コメント
2019年のピレリF1タイヤは一味違う? 新品タイヤが”輝いている”理由とは
執筆:
2019/02/19 6:38

ピレリは、不完全なタイヤが製造されることを防ぐため、2019年から新たな製造方法を導入している。

 2月18日にバルセロナでオフシーズン合同テストがスタートし、2019年のF1マシンが走行を開始した。そんな中で、各車に共通するある違いに気がついた方も多いかもしれない。その違いとは、ピレリのタイヤが例年以上に”輝いて”いるのだ。

 当然、この変化は新車発表の際に見栄えを良くするためのものではない。ピレリがタイヤの製造において、クロムで表面処理が施された金型を使うようになった結果、外観に変化が生じたのだ。

 この変化について、ピレリのレーシングマネージャーであるマリオ・イゾラは、次のように語った。

「我々は、クロム処理を施した新しい型を使用している。昨年のF2で初めてそれらをテストしたのだ」

「この技術を導入した理由は、昨年のハイパーソフトや今年のC4/C5(2019年に使用される柔らかい側の2コンパウンド)は非常に粘着性があり、タイヤを加工・製造する際に問題が生じてしまうからだ」

「コンパウンドと金型がくっついてしまった場合、トレッド面に小さな傷が生まれてしまう。その点で新しい金型ははるかに優れている」

「技術的には素晴らしく見えるかもしれないが、タイヤのスペック自体は昨年のアブダビでテストされたのと同じものだ」

 新しいタイヤは光沢のある表面を持っているものの、タイヤのグリップは全く損なわれていないとイゾラは語った。

「ピットレーンから出て行っても、何も変わらないだろう」

「キャンバーがついているので、ドライバーが新しいタイヤでスローラップを走っただけなら、トレッド外側の部分は使わない。だからピットインしてくる時には、そこがまだ輝いているだろう。でもそれだけだ」

 ピレリは他にも、様々な変更をタイヤに施している。昨年、タイヤのオーバーヒートやブリスターの発生を防ぐためにいくつかのレースでトレッドの薄いタイヤが導入されたが、今季は全戦でそれが採用されている。

 また、インターミディエイトタイヤの改良も行われている。昨年はインターミディエイトタイヤの実用範囲が狭く、ほとんど使用されなかった。しかし今年は新しいコンパウンドが採用され、ドライタイヤとフルウエットタイヤの間を埋めるように、作動領域が設定されているという。

 さらに、タイヤウォーマーの設定温度にも変更が加えられた。フロントタイヤはウォームアップを助け、グレイニング(ささくれ摩耗)を防ぐために最高100度で変更はないものの、リヤは最高80度までに温度が制限されている。

 イゾラはこれについて、次のように説明。当初はフロントタイヤのウォーマーも最大80度に制限する方向だったものの、それを取り止めたのだという。

「チームと話し合った結果、彼らはフロントタイヤのウォームアップに関して、問題が起きる可能性を懸念していた。なぜなら、フロントの方が少しトリッキーだからだ」

「リヤタイヤの温度が80度であれば、内圧を低く設定することができる。昨年の最初のテストと比較すると、リヤタイヤの内圧は2psi低くなっている」

 加えてピレリは、各ドライタイヤの作動温度領域を発表。オーバーヒートの可能性を減らすために、より高い温度領域が設定されているようだ。

【各ドライタイヤの作動温度領域】

C1:110〜140度(もっとも硬い)
C2:110〜135度
C3:105〜135度
C4:90〜120度
C5:85〜115度(もっとも柔らかい)

次の記事
ホンダPUはある意味ベスト? レッドブル、マシンとPUの”融合”に自信

前の記事

ホンダPUはある意味ベスト? レッドブル、マシンとPUの”融合”に自信

次の記事

ホンダと組むレッドブルは、今年複数回勝てる……トロロッソの手応え

ホンダと組むレッドブルは、今年複数回勝てる……トロロッソの手応え
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble
まずは最新ニュースを読む