ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】
トピックス

ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】

【F1メカ解説】ポルトガルGPに持ち込まれた、各チームの最新アップデート:ピットレーン直送便

アルガルヴェ・サーキットで始まった、2021年のF1第3戦ポルトガルGP。各チームは今回のレースにも、様々なアップデートパーツを持ち込んできた。

【F1メカ解説】ポルトガルGPに持ち込まれた、各チームの最新アップデート:ピットレーン直送便

※写真左右の矢印をクリックすると、次の写真にスクロールします

レッドブルRB16B フロントブレーキダクト
レッドブルRB16B フロントブレーキダクト
1/26

写真:: Giorgio Piola

レッドブルは、ブレーキダクトの内部に板を1枚追加してきた。丸の中が、従来仕様のモノである。この板を追加することで、ブレーキダクトの内部に入り込む空気の流れを制御しようとしているようだ。
レッドブルRB16B バージボード
レッドブルRB16B バージボード
2/26

写真:: Giorgio Piola

レッドブルは、ディフレクターも変更してきた。RB16Bには、前後ふたつのディフレクターが存在するが、その前側のディフレクターの中央に縦に長いスリットが入れられるようになった。また後ろ側のディフレクターは、その下部の形状が変更され、この両者の間を繋ぐように存在するブラインドカーテン状のフィンも、その配置が変えられている。
レッドブルRB16B バージボード
レッドブルRB16B バージボード
3/26

写真:: Giorgio Piola

RB16Bの従来型のバージボード。前の写真のモノと比較すると、その違いが分かるはずだ。
レッドブルRB16B ディフューザー
レッドブルRB16B ディフューザー
4/26

写真:: Giorgio Piola

レッドブルが今週末に使っているディフューザー。矢印で示されている中央部の形状がよりスリムになり、ディフューザー内の気流の容積が広げられているように見える。
フェラーリSF21 フロアとリヤエンド
フェラーリSF21 フロアとリヤエンド
5/26

写真:: Giorgio Piola

フェラーリはフロアに変更を加え、リヤタイヤの前にあるフィンを4枚から7枚に増やした。またこれに伴い、エンジンカウル後端の形状にも変更が加えられている。サスペンションの見えている量から判断すれば、より幅広く広げられたようだ。
フェラーリSF21 フロアとリヤエンド
フェラーリSF21 フロアとリヤエンド
6/26

写真:: Giorgio Piola

これはフェラーリSF21の旧型のフロア。フィンの数が4枚であることが分かる。
アルファタウリAT02 リヤエンド
アルファタウリAT02 リヤエンド
7/26

写真:: Uncredited

アルファタウリAT02のディフューザーは、その外側の部分に変更が加えられている。ガーニー状のフィンが周囲を覆っているが、その形状は微妙に変化。特に両側上の角を使って気流を改善し、リヤタイヤ後方で生じる乱気流を制御しているのだろう。
メルセデスW12 パワーユニット
メルセデスW12 パワーユニット
8/26

写真:: Uncredited

メルセデスW12の、エンジンカバーを外した写真。今季用パワーユニットはインレットプレナムが非常に大きくなったため、干渉を避けるためにエンジンカウルにも膨らみが設けられた。
メルセデスW12 エンジンカウル
メルセデスW12 エンジンカウル
9/26

写真:: Uncredited

インレットプレナムとの干渉を避けるために、膨らみが設けられたメルセデスW12のエンジンカウル
アルファタウリAT02 Sダクト
アルファタウリAT02 Sダクト
10/26

写真:: Uncredited

Sダクト用のパネルが取り付けられた、アルファタウリAT02のフロントエンド。ノーズ下から取り込んだ気流が、どのようにコクピット前に導かれているか、それを推測することができる。
アルファタウリAT02 フロアとバージボード
アルファタウリAT02 フロアとバージボード
11/26

写真:: Uncredited

マシンから取り外された、アルファタウリAT02のフロアとバージボード。最も車体に近い部分のメインのバージボード上端は、細かく分割されている。
アルファタウリAT02 バージボード
アルファタウリAT02 バージボード
12/26

写真:: Uncredited

ブーメラン状のフィンの向こう側に、細かく分割されたメインのバージボーのの上端が見える。
アルファタウリAT02 ディフューザー
アルファタウリAT02 ディフューザー
13/26

写真:: Uncredited

AT02のディフューザー。内部のストレーキには、細かく縦のストレーキが入れられている。
アルファロメオC41 リヤウイング
アルファロメオC41 リヤウイング
14/26

写真:: Uncredited

アルファロメオは、ハイダウンフォース仕様のリヤウイングをポルトガルに持ち込んだ。
レッドブルRB16B リヤエンド
レッドブルRB16B リヤエンド
15/26

写真:: Uncredited

カウルが取り外されたレッドブルRB16B。パワーユニットの上には、冷却用クーラーが置かれているのが分かる。またリヤブレーキのドラムカバーが外されており、ダクトから取り入れた気流がどのように分割されているのかも分かる。
レッドブルRB16B フロントサスペンション
レッドブルRB16B フロントサスペンション
16/26

写真:: Uncredited

走行準備が進められているレッドブルRB16B。サスペンションの内部構造を観察することができる。
メルセデスW12 フロントブレーキダクト
メルセデスW12 フロントブレーキダクト
17/26

写真:: Uncredited

メルセデスW12のフロントブレーキダクト。路上の落ちたタイヤかすやデブリを拾って冷却性能が低下するのを防ぐために、インレットにワイヤーが追加されている。
メルセデスW12 フロントブレーキダクト
メルセデスW12 フロントブレーキダクト
18/26

写真:: Uncredited

メルセデスのフロントブレーキダクトを別の角度から見ると、その内側に細かいフィンが取り付けられているのがよく分かる。このフィンの間には、小さな開口部が設けられていて、ここからもブレーキ冷却用の空気を取り込んでいるようだ。
メルセデスW12 ディフューザー
メルセデスW12 ディフューザー
19/26

写真:: Uncredited

メルセデスW12のディフューザー周囲には、ガーニー状のフィンが取り付けられている。このフィンの形状は実に複雑で、特に最も外側のフィンの形状は、その下端が下方を目指すように構成されている。
マクラーレンMCL35M フロントブレーキダクト
マクラーレンMCL35M フロントブレーキダクト
20/26

写真:: Uncredited

マクラーレンMCL35Mのブレーキダクトには、ドラムカバーに刻み込まれたふたつのチャンネルが存在。ここから噴き出された気流が、ホイールの中心付近を通り、マシンの両サイドに送られる。
マクラーレンMCL35M フロントブレーキダクト
マクラーレンMCL35M フロントブレーキダクト
21/26

写真:: Uncredited

マクラーレンMCL35Mのブレーキダクト内側にも、細かなフィンが多数存在。メルセデスと同じように、小さな開口部も見える。
メルセデスW12 バージボード
メルセデスW12 バージボード
22/26

写真:: Uncredited

メルセデスW12のフロア前端とサイドポッドディフレクターは、前輪のアッセンブリーによって生み出された乱流に対処するために使われている。
メルセデスW12 リヤウイング翼端板
メルセデスW12 リヤウイング翼端板
23/26

写真:: Uncredited

リヤウイング翼端板の外側にはストレーキが多数取り付けられていて、気流を上向きに跳ね上げている。
メルセデスW12 リヤエンド
メルセデスW12 リヤエンド
24/26

写真:: Uncredited

メルセデスW12のエキゾーストパイプとウェイストゲートパイプ。これらパイプの後端付近のリヤ衝撃吸収構造には、左右に2枚ずつのフィンが設けられている。
フェラーリSF21 フロントブレーキダクト
フェラーリSF21 フロントブレーキダクト
25/26

写真:: Uncredited

フェラーリのフロントブレーキダクト。この上に、ドラムカバーが取り付けられることになる。そのカバーの取り付け部は、雫のような形状。つまりカバーとの間に気流を流す際、抵抗にならないようになっている。
アルピーヌA521 フロントウイング(新旧)
アルピーヌA521 フロントウイング(新旧)
26/26

写真:: Uncredited

アルピーヌがイモラに持ち込んだ新型のフロントウイング(下)。上の旧型と比較すると、メインプレーン、および翼端板の形状が変更されている。
 

Read Also:


シェア
コメント
アイロット、次のFP1出走はフランスGPとアルファロメオ代表が示唆。短いセッションでアピールなるか
前の記事

アイロット、次のFP1出走はフランスGPとアルファロメオ代表が示唆。短いセッションでアピールなるか

次の記事

フェルスタッペン、F1に必要な”強さ”持つ角田裕毅にアドバイス「リラックスして、今まで通りに」

フェルスタッペン、F1に必要な”強さ”持つ角田裕毅にアドバイス「リラックスして、今まで通りに」
コメントを読み込む