“F1出戻り組”の先輩プロスト、復帰の大変さを語る「2年間F1から遠ざかっていたアロンソは必ず最高の状態に戻る」

F1世界王者に4度輝き、現在はアルピーヌのアドバイザーを務めるアラン・プロストは、2年のF1休暇を終え戻ってきたフェルナンド・アロンソは再び最高の状態になると考えている。

“F1出戻り組”の先輩プロスト、復帰の大変さを語る「2年間F1から遠ざかっていたアロンソは必ず最高の状態に戻る」

 4度のF1世界チャンピオンであり、現在はアルピーヌF1チームのアドバイザーを務めるアラン・プロストは、アルピーヌドライバーとして2年ぶりにF1復帰を果たしたフェルナンド・アロンソは最高の状態に戻ると考えている。

 ダニエル・リカルド(マクラーレン)やセバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)など2021年にチーム移籍をしたドライバーと同様に、アロンソも本来のスピードを取り戻すことに時間がかかることは理解している。しかし、2年間F1から離れていたことが、アロンソの適応を更に難しくしている。

 フェラーリ解雇後の1992年シーズンを休養し、その翌年にウイリアムズで復帰&4度目のF1世界チャンピオンに輝いたプロストは、ブランクを埋め、スピードを取り戻すことの大変さを知っており、テストが減らされた今日では更に難しくなると述べた。

「92年に半年間だけ活動を休止したとき、復帰するのが大変だったことを覚えている」とプロストはmotorsport.comに語った。

「だが、(当時は)毎週テストを行なっていた。我々は常にテストができたんだ。だから、フェルナンドが、最初からトップに立つことができないのは当然のことだ」

「新しいマシンに新しいチーム、そして2年間はF1で走っていなかった。彼はフランスGP前後を目標にして、『(適応には)4〜5レースは必要だな』と言っていた。それは特別なことではなく、普通のやり方だ。今に彼は帰ってくる。間違いない」

 プロストは、1992年シーズンを休んでから復帰した1993年シーズンで、開幕からポール・トゥ・ウィンを決めるなどの目覚ましい活躍を見せていたが、実際はF1に慣れることに苦労したと明らかにした。

「ああ、最初のテストから(休暇前との)違いに気が付いた。体力的、精神的にも大変だった。自分でも『いける』と思っていたのに、少し驚かされることが度々あった。全てを正しくするための時間が必要だ。身体で動きを覚えたり、目を慣らしたりなど、全てが難しく感じた」

「だから、フェルナンドのように2年間もF1にいなかった人にとって、それがどれほど難しいことかと改めて気付かされた。それでいて、新しいマシンやシステムを理解するためのテストは、1日半しかない」

「年齢が基準になるかどうかはわからないが、フェルナンドの場合、彼はとても強くて、まだまだ元気だ。世界最高のマシンがあるF1で走っていることが、(彼にとっては)当たり前なんだ。正直、いきなりトップチームにいたら、普通ではないだろうけどね」

 F1は、新型コロナウイルスによる影響を鑑み、2021年シーズンから導入予定だった新しいテクニカルレギュレーションを1年先送りにし、2021年シーズンはそれまでのレギュレーションを引き継ぐ形となった。

 プロストは、アルピーヌの元ルノー時代に、新レギュレーションに向けたマシン開発に傾注していたことで、導入延期によって生まれたモラトリアム(猶予期間)での成績に影響が及んでいると語った。

「すべてを1年後ろに延期しなければならなかった。我々にとっては厳しいことだった。来年に向けて、マシンとエンジンを改善できなかった分、余計にプレッシャーを感じている」

「だから、完全にトップに立てていないのは当然のことだ。すべて揃ってきてはいるが、もちろん、まだまだ先は長い」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
F1イギリスGPはタイトル争いの天王山? 元F1ドライバーのクルサード「とても重要な週末になるはず……」

前の記事

F1イギリスGPはタイトル争いの天王山? 元F1ドライバーのクルサード「とても重要な週末になるはず……」

次の記事

ザウバーF1、アルファロメオとのパートナー契約を延長。新レギュレーション下での躍進目指す

ザウバーF1、アルファロメオとのパートナー契約を延長。新レギュレーション下での躍進目指す
コメントを読み込む