トラブルのガスリー、金曜専用だったため”予定通り”PUを載せ替えへ

シェア
コメント
トラブルのガスリー、金曜専用だったため”予定通り”PUを載せ替えへ
執筆: 田中健一
2018/07/07 4:55

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、パワーユニットのトラブルに見舞われたものの、金曜専用だったため、元々載せ替える予定だったという。

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、イギリスGPの初日FP1を12位、FP2を13位で終えた。

 そのガスリーは、FP1ではアップデート版のエアロパッケージの確認に費やしたという。

「今朝(FP1)は新しいエアロパッケージを理解するため、そのテストに集中した。だから、チームのために良いデータを集めることができれば良いと思っていた」

 ガスリーはチームのプレスリリースにそう語っている。しかしFP2ではトラブルに見舞われ、貴重な走行時間を失うこととなってしまった。

「午後にはエンジン(パワーユニット/PU)の問題があったため、FP2を早めに終えなければならなかった。残念ながら、多くの周回を完了することができなかったんだ」

 マシンのセットアップに満足できなかったと語るガスリーは、2日目以降の巻き返しを誓う。

「現時点では、僕らはこのサーキットではかなり難しいようだ。僕は、このサーキットでうまく働くセットアップを見つけることができず、マシンには完全に満足しているわけではない」

「明日に向けては、やるべきことがたくさんあるんだ」

 なお、トラブルが発生したPUは、走行距離をかなり重ねたモノであり、問題が発生しなかったとしても、土曜日に向け交換する予定だったと、ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは説明している。

「FP2の残り30分という時点で、ピエールは異常なデータが見られたために、コース脇にマシンを止めなければいけませんでした。しかし、ふたりのドライバーは”金曜日専用”のPUを使っていたため、元々夜の間に載せ替える計画でした」

次の F1 ニュース
シルバーストンの最終コーナーに縁石設置。トラックリミット不正利用防止

前の記事

シルバーストンの最終コーナーに縁石設置。トラックリミット不正利用防止

次の記事

ストロール「鈴鹿の130Rも、DRSを開いたまま走ることができるはず」

ストロール「鈴鹿の130Rも、DRSを開いたまま走ることができるはず」

この記事について

シリーズ F1
イベント イギリスGP
ドライバー ピエール ガスリー
チーム トロロッソ
執筆者 田中健一
記事タイプ 速報ニュース