ボッタス、シルバーストンでPU交換。前戦トラブル発生のPUは調査へ

シェア
コメント
ボッタス、シルバーストンでPU交換。前戦トラブル発生のPUは調査へ
Adam Cooper
執筆: Adam Cooper
翻訳:: 青山 悦子
2018/07/06 12:21

前戦でトラブルに見舞われたボッタスは、イギリスGPのフリー走行より新しいPUを投入した。

Valtteri Bottas, Mercedes-AMG F1 W09 retires from the race
The car of Race retiree Valtteri Bottas, Mercedes-AMG F1 W09
Valtteri Bottas, Mercedes-AMG F1
Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1 W09, Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09, Max Verstappen, Red Bull Racing RB14, Kimi Raikkonen, Ferrari SF71H, Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-18, Sebastian Vettel, Ferrari SF71H
Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1 W09
Valtteri Bottas, Mercedes-AMG F1 on the grid

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、今週末のイギリスGPで新しいPU(パワーユニット)を投入した。なお新たに投入するコンポーネントは規定の基数内であり、ボッタスにペナルティが科されることはない。

 前戦オーストリアGPでは油圧漏れによりレースをリタイアしたボッタス。PUの温度が高い状態のまま、走行中に突然マシンが止まってしまったため、チームは熱の問題でPUにさらなるトラブルが起きるのではないかと懸念を抱いていた。

 ボッタスはV6エンジン、ターボ、MGU-H、MGU-Kという4つの新しいコンポーネントを投入した。これにより、この4つのコンポーネントはペナルティを受けずに使用出来る基数の上限に達した。

 チームメイトのルイス・ハミルトンも燃圧トラブルによりオーストリアGPをリタイアしていたため、ボッタスと同様の不安を抱えていたが、彼のPUを交換する必要はなかった。

 オーストリアで使用されたPUはブリックスワースにあるファクトリーで検査を受けた後、ドイツGPの金曜日にもう一度使用され、問題なしと判断されれば今後の再利用のためにプールされる。

 メルセデスの広報担当者は、次のように語った。

「これは予防策だ。オーストリアでは、PUは高温に見舞われたため、リスクを負っている可能性がある。それゆえ彼はここで新しいものを投入し、我々は古いPUを適切にチェックするためにもう一度ホッケンハイムで走らせる予定だ」

 またテクニカルディレクターのジェームス・アリソンは、今週初めに、マシンがコース上で止まるときには、常にPUへのリスクがあると話していた。

「自分のコントロールが効かない状況や、故障が起きたり、システムがシャットダウンするなど、ある意味で異常な状態でマシンが止まる時はいつでも、あらゆる種類の未知の”グレムリン”に苦しめられている。必要な確認を全て終えるまでは、完全に問題ないと確信することはできない」

次の記事
イギリスFP1速報:ハミルトン首位。トロロッソはガスリー12番手

前の記事

イギリスFP1速報:ハミルトン首位。トロロッソはガスリー12番手

次の記事

グロージャン、大クラッシュでFP2欠場「DRSボタン押せなかった」

グロージャン、大クラッシュでFP2欠場「DRSボタン押せなかった」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー バルテリ ボッタス 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Adam Cooper