Q1敗退のトロロッソ、6位確保は他力本願?「祈ることしかできない」

トロロッソのピエール・ガスリーは、チームがランキング6位を確保するためにできることは「祈ることだけ」と語った。

 トロロッソはコンストラクターズランキング6番手で最終戦アブダビGPを迎えた。7番手のルノーとは4ポイント、8番手のハースとは6ポイントの差である。そしてひとつ順位を落とすと、トロロッソは1億円単位でチームの収入を犠牲にしてしまうことになる。

 迎えた予選ではピエール・ガスリーは17番手、一方コンストラクターズランキングを争うライバルチームであるルノーのニコ・ヒュルケンベルグは7番手だった。

 予選についてガスリーは、以下のように話した。

「ブレンドン(ハートレー)に比べれば、今日は良かったと思う。なんとか良いラップを走ることができたし、そのことだけが今日のポジティブな要素だ。でもそれは目標ではなかった」

「今週末は、ランキング6位をキープする必要がある。でも僕たちには戦えるペースがないので、現時点では本当にどうしようもない」

 万が一ランキングを争っているチームが予選順位よりも上の順位でレースを終えてしまったら、つまり、ヒュルケンベルグが7位以上でフィニッシュした場合は、トロロッソからランキング6位の座を奪うのに十分だろう。”古いMGU-H”を使用したせいで信頼性の問題に悩まされたガスリーは、トロロッソの希望は他の中団チームに左右されているだと認めた。

「願わくば、フォースインディアには十分に速さを発揮してほしい。現時点で僕たちにできることは、明日の朝、ヒュルケンベルグが8位でレースを終えるよう祈ることくらいだ」

「今は僕たちと同じくらいフランツ(トスト/チーム代表)もとてもストレスを感じている。なぜなら、もし僕たちが来年も競争力を持ちたければ、ランキング6位をキープすることが非常に重要だからだ。それが開発に影響を及ぼすことになるんだ」

「もっと上のグリッドにつけなかったこと、きちんと戦えなかったことにイライラしている。17番手スタートということは何をするのも難しいけど、僕たちはすべてのことにトライしてみるつもりだ」

ハートレーもパフォーマンスに失望

 チームメイトのハートレーも、予選時のパフォーマンスには失望していると話した。彼はガスリーから0.7秒ほど離され、予選最下位だった。

「失うものはそれほど多くないので、マシンに大きな変更を施してきた。というのも、10グリッドペナルティを受けることは分かっていたからだ。どこかにパフォーマンスを見出すのに必死だった」

「予選では解決しなかったし、全くラップをまとめられなかった。個人的には少しがっかりしている。良い仕事もできなかった」

 またガスリーは、トロロッソのマシン『STR12』の弱点について次のように説明した。

「ダウンフォースについては、僕たちが望んでいるレベルに達していなかった。コーナーでも競争力がなかったし、ストレートでもそうだった」

「たくさんの箇所で改善が必要だ。でも『これが問題で、こっちも問題で』と挙げていると、最終的にはギャップがとても大きくなる。だから厳しい状況だ」

 シーズン途中からチームに合流したハートレーも、ガスリーの意見を繰り返した。

「本当のところはわからないけど、いたるところでペース不足のように思える。ロングランでも、僕たちはハースやザウバーに混じっている……でも僕が思うのは、厳しい要求になりそうだということだ」

Additional reporting by Oleg Karpov and Ben Anderson

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ブレンドン ハートレー , ピエール ガスリー
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース