F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
09 10月
次のセッションまで……
9 days
23 10月
次のセッションまで……
23 days
31 10月
次のセッションまで……
31 days

大不振フェラーリ、なんとかQ2進出。予選14番手のベッテル「できることはやった……驚きはない」

シェア
コメント
大不振フェラーリ、なんとかQ2進出。予選14番手のベッテル「できることはやった……驚きはない」
執筆:
, Grand prix editor

セバスチャン・ベッテルは、ベルギーGP予選でフェラーリが2台ともQ2で敗退したことについて「驚きはなかった」と語った。

 F1第7戦ベルギーGPで、フェラーリは大苦戦している。シャルル・ルクレール、セバスチャン・ベッテル共に予選Q2で敗退し、それぞれ13番手、14番手に終わったのだ。今季これまでで最悪の予選結果となっている。

 しかしFP3ではルクレールが17番手、ベッテルが20番手だったため、フェラーリの2台がQ1敗退を喫するのではないかと見られていただけに、これでもまだマシな結果だったと言えよう。実際、ルクレールはQ1で15番手。16番手だったキミ・ライコネン(アルファロメオ)とはわずか0.087秒差で、なんとかQ1敗退を免れたのだ。

Read Also:

 ベッテルは予選後、次のように予選を振り返った。

「(予選の結果は)このクルマが今日ここで何ができるかを示した、本当の姿だ」

「言うまでもなく、僕たちはできる限りのことをトライし、昨夜から今日に至るまで、改善しようと懸命な努力がなされた」

「少しはそれができたと思う。僕たちが望んでいたようなポジションではないけど、それは今回が初めてではない」

 ベッテルは今季のマシン『SF1000』のパフォーマンスを考えると、この結果は驚きではないと語り、Q2に進出できるかどうかも疑わしいと感じていたという。

「13番手はポールポジションほどエキサイティングではないけど、それでも全てをまとめようとしたんだ」

「午前中はQ2にも行けないかと思っていたけど、2台共にQ2に進めた。言うまでもなくそれは成功ではないけれど、それが今日僕たちにできる全てだったし、それが僕たちの立場なんだ」

 昨年のベルギーGPではフロントロウを独占したフェラーリ。ルクレールは、1年でこれほど多くのパフォーマンスを失った理由について、説明するのは「とても難しい」と語った。

「他の人たちは大きな一歩を踏み出している。僕たちは何が問題なのかを見つけ、それに対処する必要がある」

「今日はいい日ではなかったけど、それが今の状況だ。僕たちは懸命に努力しなければいけない。こういう日はとても難しいけど、チームの全員が前を向く必要がある」

「ファンが自宅でとてもがっかりしていることも理解できる。だけどドライバーとして、たとえ奇跡が期待できないとしても、レースではベストを尽くすつもりだ」

Read Also:

「トウよりも“クリーンエアー”が欲しかった」ハミルトン、完璧なラップに満足げ

前の記事

「トウよりも“クリーンエアー”が欲しかった」ハミルトン、完璧なラップに満足げ

次の記事

F3スパ:レース2はサージェントが粘りの逃げ切りで今季2勝目。ポイントリーダーの座を奪還

F3スパ:レース2はサージェントが粘りの逃げ切りで今季2勝目。ポイントリーダーの座を奪還
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ベルギーGP
ドライバー セバスチャン ベッテル
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Luke Smith