F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
R
F1 70周年記念GP
07 8月
次のセッションまで……
1 days
14 8月
次のセッションまで……
8 days
28 8月
次のセッションまで……
22 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
29 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
36 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
50 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
64 days
23 10月
次のセッションまで……
78 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
86 days

レーシングポイントは2番目に速い? ストロール「この先に向け有望」と期待

シェア
コメント
レーシングポイントは2番目に速い? ストロール「この先に向け有望」と期待
執筆:
2020/07/13 10:11

レーシングポイントのランス・ストロールは、今季マシンRP20は、現在のF1グリッド上で2番目に速いクルマであると信じている。

 2020年F1第2戦シュタイアーマルクGPで、驚くべき速さを見せたレーシングポイント。同チームのドライバーであるランス・ストロールは、今季のマシンRP20は、グリッド上で2番目に速いマシンであると考えているという。

Read Also:

 衝撃的な速さだった。大雨に見舞われた予選で苦戦したセルジオ・ペレスだったが、ドライコンディションになった決勝レースでは見違えるような走りを披露し、レース終盤には4番手を走行するレッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンに迫るポジションまで浮上した。

 ペレスはアルボンにプレッシャーをかけ、そしてオーバーテイクを仕掛けた。しかし両者は接触。アルボンに大きなダメージはなかったものの、ペレスはフロントウイングを大きく壊してペースダウン……マクラーレンのランド・ノリスに先行を許してしまった。それでも6位でフィニッシュ。チームメイトのストロールも、7位フィニッシュを果たした。

 そのストロールは、今季のマシンRP20について、中団グループのライバルのマシンよりも速く、レッドブルよりも速くなる可能性があると確信していると語る。

「今日はみなさんが、このマシンが間違いなく2番目もしくは3番目に速いマシンであると思ったのではないかと、本当に信じている。ルノーやマクラーレン、そして他のほとんどのライバルよりも、明らかに速かった。そのことは、本当にポジティブなことだった」

 ストロールはそう語った。

「僕らにとって完璧なレースではなかった。セルジオは、17番グリッドからかなり良い結果を手にしたと思う。おそらくレース前から、それは間違いないことだったと思う!」

「僕の方は、(ダニエル)リカルドの後ろで詰まってしまうなど、苛立たしい部分も確かにあった。しかしレース中、ペースはずっと良かった。将来に向けては、本当に有望なモノだ」

 ペレスは、アルボンをオーバーテイクするのに失敗し、マシンにダメージを負った際、失ったポジションがひとつだけだったのは幸運だったと語った。

「素晴らしい形でポジションを回復できたと思う。マシンには素晴らしいペースがあったし、チームは素晴らしい戦略を立てた」

 そうペレスは語った。

「なんとかポジションを上げ、5番手……もう少しで4番手というところまで辿り着いたんだ」

「僕はアルボンを本当に懸命に攻め立てていた。でも、ほとんどチャンスがなかった。そして残念ながら、間違った角度で接触してしまったんだ」

「それでフロントウイングを完全に壊してしまった。そこから、ポジションをひとつ失うだけで済んだのは、とても幸運だったと思う」

「僕はそのオーバーテイクをしなきゃいけなかった。僕らは、持っているもの全てをかけてプッシュしていたからね。その時は僕にとって唯一のチャンスだった。残念ながらうまくいかなかったけど……ポジションをひとつ落としただけだったのは本当にラッキーだったよ」

Read Also:

「僕たちは大人だ」フェラーリのベッテル、同士討ちを引きずらず前を向く

前の記事

「僕たちは大人だ」フェラーリのベッテル、同士討ちを引きずらず前を向く

次の記事

優勝の次は2位……ランキング首位のボッタス「ダメージを最小限にできた」

優勝の次は2位……ランキング首位のボッタス「ダメージを最小限にできた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント シュタイアーマルクGP
ドライバー ランス ストロール 発売中 , セルジオ ペレス 発売中
チーム Racing Point
執筆者 Adam Cooper