F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
19 days
23 10月
次のセッションまで……
33 days
31 10月
次のセッションまで……
41 days

“ブレーキダクト問題”はルノーが勝訴。レーシングポイントは罰金と選手権ポイント減点

シェア
コメント
“ブレーキダクト問題”はルノーが勝訴。レーシングポイントは罰金と選手権ポイント減点
執筆:

FIAはレーシングポイントのブレーキダクトに関するルノーの抗議を支持。これによりレーシングポイントはコンストラクターズポイントを減点され、40万ユーロ(約5000万円)の罰金に加えて戒告処分を受けた。

 F1第5戦F1 70周年記念GPの開幕を前に、モーターレーシングを統括するFIAは、レーシングポイントが使用しているブレーキダクトのデザインがF1の設計規則に違反していると結論付け、ルノーの抗議を認めた。

 これにより、レーシングポイントに罰金40万ユーロ(約5000万円)とコンストラクターズランキング15点減点の処分が下された。

 ルノーは今シーズンのレーシングポイントのマシン『RP20』のブレーキダクトの合法性にかねてより疑問を抱いており、第2戦シュタイアーマルクGP終了後に抗議を提出していた。本来ブレーキダクトは他チームから入手できない“リステッドパーツ”に指定されているが、RP20のブレーキダクトはメルセデスの昨年型のコピーではないかというのが、ルノーの主張であった。

 FIAは、RP20のブレーキダクトの“主な”設計者がメルセデスであると結論付けた。つまり、レーシングポイントはレギュレーションに違反しているとみなしたのだ。

 さらにレーシングポイントは、第3戦ハンガリーGPと第4戦イギリスGPで同様のダクトを使用していたことについても、戒告処分を受けた。 

 

Read Also:

ガスリー、今季のパフォーマンスに自信「レッドブルも結果に満足している」

前の記事

ガスリー、今季のパフォーマンスに自信「レッドブルも結果に満足している」

次の記事

F1 70周年記念GP|FP1速報:ボッタスが首位。フェルスタッペン3番手

F1 70周年記念GP|FP1速報:ボッタスが首位。フェルスタッペン3番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム Racing Point
執筆者 Jonathan Noble