飛躍の基礎を築けるか。レーシングポイント、新車『RP20』のカラーリングを発表

レーシングポイントF1チームは、2月17日に2020年のシーズンを戦う新車『RP20』のカラーリングを発表した。

飛躍の基礎を築けるか。レーシングポイント、新車『RP20』のカラーリングを発表

 レーシングポイントF1チームは、2月17日に2020年のF1を戦うニューマシン『RP20』のカラーリングを発表した。

 2018年シーズン途中、破綻寸前だったフォースインディアを大富豪のローレンス・ストロール率いるコンソーシアムが買収し、新たに誕生したレーシングポイント。チームの状況が大きく好転して迎えた2019年シーズンだったが、激しい中団争いから抜け出すことはできず、コンストラクターズランキングは7位となった。

 2020年は、セルジオ・ペレス、ランス・ストロールのドライバーラインアップを維持。財政難の影響を引きずっていた2019年とは異なり、潤沢な資金を開発にフル活用できるシーズンとなる。フォースインディア時代から開発力には定評があるだけに、中団チームの中でも侮れない存在になりうるだろう。

 また、チームオーナーのローレンス・ストロールがアストンマーチンの大株主となったことにより、2021年にチームの名称は再び変更され、アストンマーチンのワークスF1チームとなる予定だ。

 それだけに、アストンマーチン参入の前に足場を固めるという意味でも、2020年はチームにとって重要な一年となるだろう。

 発表されたRP20のカラーリングは、白とピンクで塗り分けられている。昨年はタイトルスポンサーだったオンラインカジノ「SportPesa」のロゴは見当たらず。代わってウォーターサーバー企業「BWT」のロゴがより大きく入ると共に、チームのタイトルスポンサーになることも明らかにされた。

Read Also:

シェア
コメント
ハース、ウイリアムズ、ルノー……バルセロナで続々とシェイクダウン実施

前の記事

ハース、ウイリアムズ、ルノー……バルセロナで続々とシェイクダウン実施

次の記事

苦戦が続くウイリアムズ、新車FW43のコンセプトに変更なし……そのメリットは?

苦戦が続くウイリアムズ、新車FW43のコンセプトに変更なし……そのメリットは?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム レーシングポイント・フォースインディア
執筆者 松本 和己