F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
FP1 まで
06 時間
:
09
:
20
09 10月
次のセッションまで……
13 days
23 10月
次のセッションまで……
27 days
31 10月
次のセッションまで……
35 days

メルセデスを”模倣しないチーム”は判断ミスだ! レーシングポイント代表の主張

シェア
コメント
メルセデスを”模倣しないチーム”は判断ミスだ! レーシングポイント代表の主張
執筆:

レーシングポイントのチーム代表であるオットマー・サフナウアーは、他のF1チームがグリッドで最高のマシンを”真似る”ことをしなかったのはミスだと発言した。

 レーシングポイントは、2020年のF1開幕序盤3戦で、特に注目を集めた。メルセデスやレッドブルに近いパフォーマンスを発揮し、トップグループの一角に分け入ったのだ。

 しかしその一方で、登場当初から、昨年のメルセデスのマシンをコピーしたマシンなのではないかと指摘され、第2戦シュタイアーマルクGP決勝終了後には、そのブレーキダクトがコピーだとして、ルノーF1チームから正式に抗議が提出された。

Read Also:

 確かにレーシングポイントの今季用マシンRP20は、昨年型のメルセデスW10によく似ている。これについてはF1のDNAに反すると主張する人々もいるが、レーシングポイントのチーム代表であるオットマー・サフナウアーは、そのアプローチについては批判されるべきではなく、むしろ称賛されるべきことだと主張する。

 他のチームの設計思想が間違っていると感じているか? そう尋ねられたサフナウアー代表は、「その答えはイエスだ。ただ、リスクがないわけではない」と語った。

「我々がやっていることが、このレベルで機能するかどうか、最初我々には分からなかった。一歩後退してしまうという、大きなリスクもあったんだ」

「実際のところ、風洞実験での開発を始めた時、写真から見出したアイデアだけでは、大きく後退することになった。それは、本当に大きな後退だった」

「最初は、1周あたり数秒遅かったんだ。CFDと風洞での開発によって、我々自身が学習していった。そして多くの設計を施し、多くを再設計することで、今いるポジションに辿り着いた」

 昨年までのレーシングポイントは、大きなレーキ角(マシンが大きく前傾する姿勢)がついたクルマだった。しかしこのコンセプトを切り替えることは、たとえどんなチームだったとしても、簡単なステップではないだろうと語った。しかしその一方で、メルセデスからサスペンションやギヤボックスの供給を受けているチームとしては、供給元のチームの考え方に合わせてマシンを設計することは、理に適っていると主張する。

「レーキに関する考え方を変えると、他の何かに変わってしまうというリスクが大きい」

 そうサフナウアー代表は語った。

「我々としては、永続的なモノにしたいと思っていた。ギヤボックスはメルセデスから購入している。そのギヤボックスは低重心で設計されているため、マシンのリヤエンドでは常に妥協を強いられてきた。そしてリヤエンドを安定させるには、ダウンフォースが重要なんだ」

「リヤエンドでの妥協を終わらせるためにも、我々は常に、高いレーキ角というソリューションから逃れることを望んでいた」

「それが、最初の年に変えることができたことだった。それでも、一歩前進する前に、半歩後退することになるだろうと思っていた。ただ、実際にはそうならなかったというだけだ」

 RP20のメルセデスに似たデザインは、多くのチームから批判を受けているが、サフナウアー代表曰く、それぞれのチームがライバルをチェックするのと同じことをしただけだと主張する。

「他のチームのマシンを撮れば、大きなチームから小さなチームまで、あらゆる場所で起きていることだということが分かる」

 そうサフナウアー代表は語る。

「いくつかのチームは、写真から学んだことを活かすことで、良い仕事をしている」

「エイドリアン・ニューウェイが、レッドブルのマシンに大きなレーキ角をつけることを思いついた。そして今、我々を含み、多くのチームがそのコンセプトを使っているということを、忘れてはいけない」

「我々もそれをやってみようと考えた時、レッドブルが使っていたフロアの写真を撮った。しかし、うまく機能させることができなかった。他のチームも同じことをしている。誰もがそれをしているし、それは許可されていることなんだ」

Read Also:

 

フェラーリの不振脱却に“クビ切り”は必要ない。ビノット代表が伊メディアの憶測否定

前の記事

フェラーリの不振脱却に“クビ切り”は必要ない。ビノット代表が伊メディアの憶測否定

次の記事

F1からの批判的意見に、フォーミュラE余裕の切り返し「とても光栄なこと」

F1からの批判的意見に、フォーミュラE余裕の切り返し「とても光栄なこと」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム Racing Point
執筆者 Jonathan Noble