F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
R
F1 70周年記念GP
07 8月
次のセッションまで……
2 days
14 8月
次のセッションまで……
9 days
28 8月
次のセッションまで……
23 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
30 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
37 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
51 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
65 days
23 10月
次のセッションまで……
79 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
87 days

ベッテル、就職先探しは八方塞がり? 「選択肢にない!」とレーシングポイント代表

シェア
コメント
ベッテル、就職先探しは八方塞がり? 「選択肢にない!」とレーシングポイント代表
執筆:
2020/07/10 15:18

レーシングポイントのオットマー・サフナウアー代表は来年のシートに関してフェラーリ離脱の決まっているセバスチャン・ベッテルの座る席は無いと語った。

 レーシングポイントのチーム代表を務めるオットマー・サフナウアーは、2021年のドライバーラインアップについて、現フェラーリのセバスチャン・ベッテルの座るシートは存在しないと語り、移籍の可能性を否定した。

 フェラーリは来季、長年在籍してきたベッテルを継続起用しないことを発表。そのためベッテルは来季も現役を続けたい場合にはシートを見つける必要がある。

 古巣のレッドブルに戻るのではないかという噂もあったが、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表が「絶対にない」とまで否定しており、レーシングポイントに移籍するか1年間の休暇を取るかが選択肢ではないかと語った。

Read Also:

 レーシングポイントは組織の強化を図っており、来季はチーム名がアストンマーチンへと変更される。また現ドライバーのセルジオ・ペレスとランス・ストロールの両名は長期契約を結んでいるにも関わらず、ホーナー代表はレーシングポイント加入の可能性は残されていると語っていた。

 しかしレーシングポイントのサフナウアー代表はベッテルが選択肢に入っていないと、加入の可能性を否定した。

「4度のF1世界チャンピオンが我々のチームに加わるのではないかと考えられているのは喜ばしいことだ。それは恐らく、今のクルマが多少速いからだろう」

 サフナウアー代表はそう語った。

「しかし我々のチームにシートがないのは、2名のドライバーと長期契約を結んでいるため当然のことだ」

 渦中の人物であるベッテルは、将来に関する決定に近づいていると述べており、今年のレーシングポイントは確かに印象的であり、可能性を秘めていると認めた。

「レースは僕自信にとってとても重要なものだ。今後数週間、数ヵ月で何が起きていてどんなチャンスがあるのかを見ていくことになるだろう」とベッテルは語った。

「それとは無関係に、レーシングポイントはとても強烈な印象を与えていると思う。それに確実に今年は良い位置にいる」

「チームの一部は僕も知っている。幾人かのメンバーは昔から長いこと知っているんだ。今年は彼らにとって、良いマシンを手にして争い、そこから改善していく機会になることは明らかだ」

 

Read Also:

F1シュタイアーマルクFP2速報:フェルスタッペン首位。2番手にボッタス

前の記事

F1シュタイアーマルクFP2速報:フェルスタッペン首位。2番手にボッタス

次の記事

F1シュタイアーマルクGP:予選さながらのアタック合戦! 制したフェルスタッペンがFP2首位

F1シュタイアーマルクGP:予選さながらのアタック合戦! 制したフェルスタッペンがFP2首位
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー セバスチャン ベッテル 発売中
チーム Racing Point
執筆者 Jonathan Noble