F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

レーシングポイント、夏休み前の大型アップグレードで中団勢を出し抜けるか?

シェア
コメント
レーシングポイント、夏休み前の大型アップグレードで中団勢を出し抜けるか?
執筆:
2019/07/04 23:18

レーシングポイントは、夏休み前に投入する予定の大規模アップデートによって、チームが“違った方向”を向き始めることを期待している。

 F1第9戦オーストリアGPで、レーシングポイントのセルジオ・ペレスは11位でフィニッシュした。一方のランス・ストロールは燃料流量計に問題が発生したこともあり、14位に終わった。

 レーシングポイントはここ数レースで苦戦が続いている。直近5レースでポイントを獲得したのは、第7戦カナダGPでのストロールの9位のみとなっており、コンストラクターズランキングでは7位となっている。

 チームのテクニカルディレクターを務めるアンディ・グリーンは、今後に向けてやるべきことがあると認めた。

「結局のところ、単純に速さが足りていなかった」とグリーンはmotorsport.comに語った。

「我々は予選で期待を下回るパフォーマンスだったので、良くない位置のグリッドについた。そうなってしまうと、何をするにも難しいんだ」

「我々は次の段階に進んでいく。今後は改善が予定されているんだ。ここ数レースを見てみると、間違いなくいい線まで食い込んでいる」

 以前から報じられているように、レーシングポイントは夏休み前に大型のアップデートを行う予定で、空力の哲学を変更すると見られている。

「シルバーストンではいくつかの小さな空力付加物を持ち込み、今後もそれを継続していく」とグリーンは語った。

「それは違った方向を向き始めるためのものだ。シルバーストンでは小さなアップデートがあり、ドイツ、ハンガリーあたりではそれがもっと大きなものになる。シルバーストンはそのための第一歩だ」

 レーシングポイントはオーストリアGPで、中団のライバルであるルノーやトロロッソよりも良いパフォーマンスを見せたが、一方でチーム代表のオットマー・サフナウアーは、ペレスの11位には喜ぶことができないという。

 サフナウアーは次のように述べた。

「とても腹立たしいものだった」

「特に(キミ)ライコネンと(アントニオ)ジョビナッツィの数秒後ろにいたときは、彼らのペースについていけていた」

「彼らがこのような結果になったのは予選のせいだ。我々は良いスタートを切って彼らを捕らえることができたが、ペースが同じではオーバーテイクはできないんだ」

「アルファロメオには負けてしまったけど、ルノーとレースすることができたのはポジティブなことだ。とてもとても接近していた。だから我々が少しの改良を行えば、それ(結果)が得られるようになるだろう」

Read Also:

次の記事
メルセデスの連勝を止めたレッドブル・ホンダ。”予想外”の勝利に驚き

前の記事

メルセデスの連勝を止めたレッドブル・ホンダ。”予想外”の勝利に驚き

次の記事

議論を呼ぶペナルティと複雑なルールは”自業自得”? マクラーレン代表が主張

議論を呼ぶペナルティと複雑なルールは”自業自得”? マクラーレン代表が主張
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム Racing Point
執筆者 Adam Cooper