レーシングポイントF1、予選重視に方針転換? ランキング3位確保へ戦略を見直し

レーシングポイントF1テクニカルディレクターのアンドリュー・グリーンは、シーズン終盤に向けて予選ペースの向上に焦点を切り替える可能性があると語った。

レーシングポイントF1、予選重視に方針転換? ランキング3位確保へ戦略を見直し

 レーシングポイントF1チームは、2020年シーズンの終盤戦に向けて、より予選のパフォーマンスを重視したセットアップを行なうよう方針を転換する可能性があるようだ。

 今季序盤から好パフォーマンスを見せてきたレーシングポイントは、予選アタックのパフォーマンスを犠牲にしながらも、決勝レースにおいてタイヤに優しいセットアップを選択する傾向があった。

Read Also:

 一方で、レーシングポイントは現在、ルノーやマクラーレンと激しいコンストラクターズランキング3番手争いを繰り広げている。マクラーレンと同ポイントのレーシングポイントは、ルノーとも1ポイント差と、非常に僅差なのだ。

 しかし、すでにレーシングポイントは今季のマシンである『RP20』の開発を止め、2021年を戦うマシンの開発に目を向けている。

 チームのテクニカルディレクターを務めるアンドリュー・グリーンは、「我々はかなり長い間、来年のことを考えてきた」と語った。

「来年のマシンは空力のかなり大幅な変更が必要なので、それを検討していたんだ」

「マシンに何かアップデートをしたいとは思っていたが、ここ数戦は何も予定されていなかった」

「私は、まだまだマシンにはポテンシャルがあると思っている。直近の2レースは、決勝でパフォーマンスを発揮できることを証明してきた。マシンはとても速かったんだ」

「だから、ここ数回のレースで自分たちがやってきたことを振り返り、調整が必要かどうかを見ていくことになると思う。決勝よりも予選の方に注力する必要があるかもしれない」

「我々はまだそのポジション(ランキング3番手)を狙える位置にいる。そのポジションを巡って、良い戦いになるだろう」

 レーシングポイントは、セルジオ・ペレスが新型コロナウイルス感染の影響で欠場した2レースを除いて、全レースでポイントを獲得している。対して、ランス・ストロールは第8戦イタリアGPで3位表彰台を獲得して以降、5レースにわたってポイントを獲得できていない。

 トスカーナGPでのタイヤブローや、ロシアGPでのシャルル・ルクレール(フェラーリ)との接触などのトラブルの他、アイフェルGPでの新型コロナウイルス感染もあって、ストロールが自信を失っているとグリーンは認めたものの、残る4レースをしっかりと戦い切ると彼は語った。

「我々は残りの4レースに集中している。大きな懸念はない」

「ここ数レースを見返すと、率直に言って運が悪かった。我々は3位の座を固めることができていたはずだ」

「だがそうなってはいない。それについて泣き寝入りするつもりはない。ただひたすらベストを尽くして、運が味方してくれれば最高だ」

「しかし、時には自分で自分の道を切り拓かなくてはいけないこともある」

「バーレーンは我々にとって良いレースになる可能性があると思う。タイヤには本当に厳しいし、路面も粗い。我々のマシンがタイヤに優しいという性質を持っていることが、その点で助けになると思う」

Read Also:

シェア
コメント
2021年F1開催カレンダー暫定版発表。サウジ加わり全23戦。鈴鹿は10/10開催
前の記事

2021年F1開催カレンダー暫定版発表。サウジ加わり全23戦。鈴鹿は10/10開催

次の記事

アストンマーチンへの出資額を増やすメルセデス。両F1チームの運営には影響なし?

アストンマーチンへの出資額を増やすメルセデス。両F1チームの運営には影響なし?
コメントを読み込む