F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
74 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
88 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
102 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
109 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
123 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
137 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
144 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
158 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
165 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
179 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
193 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
221 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
228 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
242 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
249 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
263 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
277 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
284 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
298 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
312 days

勇敢で速い! レーシングポイント代表、ストロールの実力を評価

シェア
コメント
勇敢で速い! レーシングポイント代表、ストロールの実力を評価
執筆:
協力: Edd Straw
2019/03/23 2:59

レーシングポイントのオットマー・サフナウアー代表は、新たにチームに加わったランス・ストロールを“勇敢なレーサー”だと評価する。

 2017年にウイリアムズからF1デビューを果たしたランス・ストロールは、彼の父親で富豪のローレンス・ストロールが買収に関わったレーシングポイントに移籍し、2019年のF1に参戦している。

 彼のレーシングポイントでの初レースとなった開幕戦オーストラリアGPでは、予選こそチームメイトのセルジオ・ペレスを上回れずQ1敗退となったものの、決勝ではピット戦略が功を奏し、9位入賞。一方のペレスは13位に終わり、ストロールがチームに今季初のポイントをプレゼントした形となった。

 レーシングポイントのチーム代表を務めるオットマー・サフナウアーは、ストロールが新たな環境下で速さを見せることは驚きではないと述べた。

「彼は勇敢にアクセルを踏むことができる」とサフナウアーは語る。

「彼はチェコ(ペレス)のように肝の据わったレーサーだから、見ていて面白い」

「我々はふたりの優秀なドライバーを必要としていたが、どうやらそれを手に入れることができたようだ」

 ストロールはこれまでイタリアF4、ユーロF3、そしてトヨタ・レーシングシリーズなど下位カテゴリーで数々のタイトルを勝ち取っており、F1デビュー年の2017年にはアゼルバイジャンGPで3位表彰台を獲得している。

 しかし、2017年の大半はチームメイトのフェリペ・マッサに遅れをとってしまい、翌年はチームメイトのセルゲイ・シロトキンこそ上回ったものの、チームの不振もあって入賞2回、ランキング18位に終わった。

 ドライバーとして一定の評価を得ていたエステバン・オコンを押し出す形でシートを手にしたストロールが、それに見合った評価を手にできるかどうかを問われたサフナウアーは、「時間の問題だろう。彼は信頼を勝ち取るはずだ」と語った。

「何故なら彼はとても良いドライバーだからだ」

「マシンを上手く操れるドライバーでなければ、チャンピオンシップを制することはできない。彼はそれを成し遂げているので、優秀だと我々は認識している」

「我々は彼をシミュレーターで走らせたが、その時に『彼は優秀だ』と思った」

 チームのテクニカルチーフを務めるアンディ・グリーンは「それを見て、私の見立ては正しかったと思った」と付け加えた。

「(ストロールは)昨年のアブダビ(ポストシーズンテスト)で速かったので、才能があると感じていた」

 ストロールはオーストラリアGPのレース終盤、ダニール・クビアト(トロロッソ)とピエール・ガスリー(レッドブル)からの猛追を振り切って入賞圏内を守り抜いた。

「クリーンエアの時は素晴らしいラップタイムを刻んでいた」とサフナウアーは言う。

「クビアトとガスリーからプレッシャーをかけられた時も、ミスを犯すことはなかった」

次の記事
豪州から健康被害警告。F1オーストラリアGP訪れたファンが”はしか”に感染

前の記事

豪州から健康被害警告。F1オーストラリアGP訪れたファンが”はしか”に感染

次の記事

FIA、バーレーンGPからスタートシグナルを追加? リヤウイング大型化が影響

FIA、バーレーンGPからスタートシグナルを追加? リヤウイング大型化が影響
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ランス ストロール 発売中
チーム Racing Point
執筆者 Valentin Khorounzhiy