F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
3 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
17 days
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
24 days
R
スペインGP
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
31 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
45 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
52 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
73 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
101 days
R
メキシコGP
30 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
108 days
R
ブラジルGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
122 days
R
アブダビGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
136 days

レーシングポイントも開幕に向けテスト実施を決定。走らせるのは最新マシン!?

シェア
コメント
レーシングポイントも開幕に向けテスト実施を決定。走らせるのは最新マシン!?
執筆:
2020/06/11 3:30

レーシングポイントは6月17日に、プロモーションデーもしくはフィルミングデーと称して、シルバーストンで2020年型マシンRP20を用いた走行を実施することを決めたようだ。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、シーズン開幕が延期されていた2020年のF1。しかし7月5日に決勝レースが行なわれるオーストリアGPで開幕することが正式に決定。各チームはこれに向け、準備を加速させている。

 レーシングポイントはその一環として、6月17日にシルバーストン・サーキットで、2020年型マシンRP20を走行させる予定だ。

Read Also:

 この走行はプロモーションデーもしくはフィルミングデーの名目で行なわれることになる予定だ。各チームは年間に2日間のみ、プロモーション用に最新マシンを走行させることが許されている。レーシングポイントはバルセロナでそのうちの1日を使っているため、今回が最後の1日ということになる。

 なおこの日の走行は100kmまでに制限され、ピレリが提供するデモ走行用のタイヤを装着せねばならない。またドライブを担当するのは、ランス・ストロールになるという。

 なおメルセデスとフェラーリは、走行距離の制限が課されない2018年型マシンでテスト走行を実施することを決めた。ただ、旧型の走行可能なマシンを持っていないチームもあり、そういったチームはレーシングポイントのように、最新型のマシンを、プロモーションの名目で走らせることで準備の一環とするしかない。

 レーシングポイントのチーム代表であるオットマー・サフナウアーは、RP20がバルセロナでのオフシーズンテストで非常に強力に見えたため、シルバーストンでの走行再開を楽しみにしていると語った。

「どれほど競争力があるのか、それを見るのを楽しみにしている」

 サフナウアー代表はそうmotorsport.comに対して語った。

「最初のいくつかのサーキットは、我々に向いていると思う。ハンガリーも、シルバーストンもOKだ。その後でバルセロナに戻る。冬の間、我々はそのサーキットでかなりまともな走りができたんだ」

「スケジュールも、我々にとっては良い形だと思う。だからマシンのパフォーマンス、そしてセットアップのスイートスポットを見つけて最適化し、それぞれのサーキットで何ができるか……それを確認できるのを、とても楽しみにしている」

Read Also:

次の記事
ハミルトンも久々F1マシンで走行。錆を感じず「良いフィーリングだった」

前の記事

ハミルトンも久々F1マシンで走行。錆を感じず「良いフィーリングだった」

次の記事

18インチタイヤの開発再開。ピレリ、コロナで得られた“ロスタイム”の有効活用目指す

18インチタイヤの開発再開。ピレリ、コロナで得られた“ロスタイム”の有効活用目指す
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム Racing Point
執筆者 Adam Cooper