フォースインディア買収を巡って法廷争いに? ロシア会社が裁判の姿勢

シェア
コメント
フォースインディア買収を巡って法廷争いに? ロシア会社が裁判の姿勢
Adam Cooper
執筆: Adam Cooper
2018/08/25 12:45

ロシアの化学薬品会社は、フォースインディアに入札を行ったコンソーシアムに対して、満足のいく説明が得られなければ法的手段を取ると発表した。

 今週初め、ロシア人ドライバー、ニキータ・マツェピンの父親であるドミトリー・マツェピンと近い関係にあるロシアの化学薬品会社『Uralkali』はフォースインディア買収に関して、公平に入札できるようにすべきだったと主張し、ローレンス・ストロールが率いるコンソーシアムによるチーム救済方法に疑問を呈していた。

 買収されたフォースインディアは、新たに『レーシングポイント・フォースインディア』として今週末のベルギーGPにエントリーし、FIAがこれを承認した。またレーシングポイント・フォースインディアについてのさらなる情報も明かされている。

 ベルギーGPの金曜日には、Uralkaliは管財人であるFRPアドバイザリーに対して文書を送付。9月10日までに、フォースインディアへの入札に関して満足のいく回答を得られなければ、裁判を起こすことを明確にした。

 Uralkaliの独立取締役であるポール・オストリングは、声明にて次のようにコメントした。

「Uralkaliの弁護士であるDebevoise & Plimpton LLPは、FRPアドバイザリー LLPに対して文書を送付し、イギリスのサマータイム時間の9月10日午前10時までに申し分のない説明が用意されなかった場合、彼らに対して訴訟が行われる」

 先週、FRPアドバイザリーのジェフ・ロウリーとジェイソン・ベイカーは、Uralkaliが『チームに対する全ての入札者は平等に扱われるべきだ』と主張したことに対して、声明文を発表していた。

 FRP Advisoryの声明文の内容は以下のとおりだ。

「全ての入札者には、フォースインディアにとっての最善の契約を提案するための平等な機会が与えられた」

「その間、我々は法的な義務や管財人としての方針に密に従い、経験豊かな法律顧問のアドバイスを得ていた」

次の F1 ニュース
ベルギーFP3:ベッテル首位、フェラーリ1-2。終盤に混乱、ガスリー15番手

前の記事

ベルギーFP3:ベッテル首位、フェラーリ1-2。終盤に混乱、ガスリー15番手

次の記事

ベルギー予選速報:ハミルトンが雨の中PP。フォースインディア大躍進

ベルギー予選速報:ハミルトンが雨の中PP。フォースインディア大躍進
Load comments