ライコネン、新生アルファのマシンに大満足「とてもポジティブ」

シェア
コメント
ライコネン、新生アルファのマシンに大満足「とてもポジティブ」
執筆:
2019/02/19 3:06

ライコネンはバルセロナテスト初日を「とてもポジティブ」と評し、チームは昨年から「大きな一歩」を踏み出したと感じている

 キミ・ライコネンは2014年から5年間在籍したフェラーリを離れ、今年ザウバーから名称を新たにしたアルファロメオに移籍した。

 ライコネンは2018年にアブダビで行われたポストシーズンテストにおいて、ザウバーの昨年型マシン・C37をドライブ。そして2019年を迎え、2/14(木)に「バレンタインカラー」をまとったアルファロメオのニューマシン・C38をフィオラノでシェイクダウン。2/18(月)にバルセロナテスト初日を迎えた。

 18年型、19年型とふたつのマシンを“乗り比べ”したライコネンは、チームが大きな進歩を遂げていると実感している。

 テスト初日に114周を走破したライコネンは「非常にポジティブな状況だ」と語った。

「実際、とてもハッピーだ。みんながオフシーズンの間本当にいい仕事をしてくれたし、僕たちはもっと良くなるはずだ」

「全てが順調に進んでいるし、昨年乗ったザウバーのマシンと比べて確実に大きな一歩を踏み出している」

 ライコネンの初日走行は、早々にグラベルに捕まったところから始まり、何らかの問題でコース上に止まったところで終わりを告げた。

 序盤のコースオフについてライコネンは「寒い冬の走行から学ぶものは何もなさそうだね」とジョークを飛ばした。

「寒いコンディションの中で走行を始めるのは常に難しいことだ」と彼は言った。

「しかしそれ(コースオフ)以外は順調だった。マシンはとても素晴らしいし、初期の段階とはいえそれは良いことだ」

 アルファロメオのチーム代表であるフレデリック・バスールは、ライコネンのコースオフがチームの当初の計画を崩すことはなかったと語った。

「このような日はパフォーマンスを気にする必要はない。重要なことはプランをしっかりとこなすことだ」とバスールは言った。

「我々は明確なプランを立てていたし、それを終日貫いた」

「(タイムに)性能など関係ないとは言いたくないが、(各チームの)燃料搭載料、エンジンのセットアップなどは誰にもわからない」

「他と比較するのではなく、自分たちのすべきことに集中する必要がある。レースは年間で21戦もあるのだ」

次の記事
テスト初日2番手。サインツJr.、マクラーレンを称賛「誇りを持つべき結果」

前の記事

テスト初日2番手。サインツJr.、マクラーレンを称賛「誇りを持つべき結果」

次の記事

マシンは“ほぼ完璧”! テスト初日トップタイムのベッテル「予想外」

マシンは“ほぼ完璧”! テスト初日トップタイムのベッテル「予想外」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント バルセロナ公式オフシーズンテスト1回目
ドライバー キミ ライコネン 発売中
チーム Alfa Romeo
執筆者 Scott Mitchell
Be first to get
breaking news