アブダビF1タイヤテスト開始。ライコネンがザウバーで走行

シェア
コメント
アブダビF1タイヤテスト開始。ライコネンがザウバーで走行
Scott Mitchell
執筆: Scott Mitchell
2018/11/27 8:03

アブダビでピレリタイヤテストがスタート。キミ・ライコネンは、F1にデビューした2001年以来初めて、ザウバーのF1マシンをドライブした。

 F1最終戦を終えたばかりのアブダビでスタートしたピレリのタイヤテスト。キミ・ライコネンが、早速ザウバーのマシンで走行した。

 ライコネンは2018年限りでフェラーリを離れ、2001年にF1デビューした際に在籍していた古巣のザウバーに戻ることになっている。

 タイヤテストが現地時間午前9時にスタートすると、ライコネンはザウバーC37に乗り込み、早速インスタレーションラップを完了。セッション最初の1時間が経過する前までに計10周を走っている。

 ライコネンのレーシングスーツはザウバーのものではなく、ヘルメットもロータス時代の2012年に使用していたようなシンプルなデザインのものを装着していた。

 彼以外に、ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)やランド・ノリス(マクラーレン)といったルーキーも一足早くチームに合流した。なお、F1参戦が発表されたばかりのアレクサンダー・アルボン(トロロッソ)は走行が予定されていない。

 また、2019年のハースF1開発ドライバーとなったピエトロ・フィッティパルディも、F1テストデビューを果たした。

 テスト2日目には、レッドブルに昇格したピエール・ガスリーやマクラーレンに移籍したカルロス・サインツJr.、ザウバーからF1フル参戦デビューするアントニオ・ジョビナッツィなどの走行が予定されている。

次の記事
山本尚貴、F1視察後の思い語る「自分からチャンスを手放したくない」

前の記事

山本尚貴、F1視察後の思い語る「自分からチャンスを手放したくない」

次の記事

バトン、山本尚貴を後押し「チャンスがあるのであればF1に乗るべき」

バトン、山本尚貴を後押し「チャンスがあるのであればF1に乗るべき」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント アブダビピレリタイヤテスト
ドライバー キミ ライコネン 発売中
チーム ザウバー
執筆者 Scott Mitchell