ライコネン、アルファロメオ移籍への”疑問”を払拭「これまでは全て順調」

シェア
コメント
ライコネン、アルファロメオ移籍への”疑問”を払拭「これまでは全て順調」
執筆:
2019/02/25 23:30

キミ・ライコネンは、アルファロメオがテストで好調だったことで、フェラーリからの移籍に関しての”疑問”を払拭できたと考えている。

 2007年のF1チャンピオンであるキミ・ライコネンは、シャルル・ルクレールと入れ替わるようにザウバーに移籍。アルファロメオへと名前を新たにしたチームから、2019シーズンを戦うことになった。

 引退もあり得ると考えられていたライコネンが、アルファロメオでドライブすることは周囲に驚きを与えたものの、テストの結果でその”疑問”を払拭できたと彼は考えているようだ。

 バルセロナで行われた1回目のオフシーズンテストで、アルファロメオは力強いスタートを切った。コンスタントに走行を重ね、4日間で合計507周。これはメルセデス(610周)、フェラーリ(598周)に次いで多い走行距離だ。

 ライコネンは、トラック外での準備も含めて非常に順調に進んでいると話した。

 フェラーリよりもチームにフィットしていると感じるか訊かれたライコネンは「(フェラーリとは)別のチームだけど、それが良いことだとも悪いことだとも思っていない」と答えた。

「しばらく前から作業をして、(テスト初日から)全てがスムーズに感じた。それはとても普通のことだ」

「ドライブしている時は、何も違いは感じない」

「チームを変える時には常に疑問が生じるものだが、これまでのところ移籍は非常に簡単に進んでいる」

「このチームは素晴らしい人々の集まりだ。前のチームほど大きくはないが、素晴らしい人々がいて、全てがうまく機能している」

 アルファロメオは、1回目のテストで中団争いをリードし得るポテンシャルを垣間見せた。しかしライコネンは、26日(火)から始まる2回目のテストは、マシンのセットアップを整理するため、忙しくなると予想している。

 ライコネンは、シーズンに向けて目標を設定していないと述べた。

「僕たちが全力を尽くしている限り、結果はついてくるだろうと確信している」

「最終的な結果がどうなるかは、予想するのは不可能だ」

「チームのマシンに対する取り組みや彼らが冬の間に生み出したものは、期待していた通りになっているようだ」

「僕たちがどうなるのかは分からない。テストの後でさえ、誰がどの位置にいるのかは誰にも分からないんだ」

次の記事
今季のF1開発、注目はフロントウイングにあらず? 主戦場は”車体中央部”

前の記事

今季のF1開発、注目はフロントウイングにあらず? 主戦場は”車体中央部”

次の記事

ルクレール、フェラーリの“ジョイントナンバーワン”への転換を期待

ルクレール、フェラーリの“ジョイントナンバーワン”への転換を期待
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー キミ ライコネン 発売中
チーム Alfa Romeo
執筆者 Scott Mitchell
Be first to get
breaking news