ルクレールはフェラーリで成功できる……ライコネンが“厄介事に気をつけろ”と助言

シェア
コメント
ルクレールはフェラーリで成功できる……ライコネンが“厄介事に気をつけろ”と助言
執筆:
協力: Roberto Chinchero
2019/02/18 3:15

キミ・ライコネンはシャルル・ルクレールがレース以外の“厄介事”に気を散らさず集中していれば、彼がフェラーリで成功できると考えている。

 今シーズン、シャルル・ルクレールとシートを交換する形で、フェラーリからアルファロメオへ移籍したキミ・ライコネン。ライコネンはルクレールがチーム内の“厄介事”に気を取られなければ、フェラーリで成功できると考えているようだ。

「ルクレールは数年間フェラーリと働いているから、チームを知っている。だから、全く新しい場所に行くようなものではない」

 ライコネンはルクレールのフェラーリ加入についてそう語っている。

「そして、彼にはF1での経験がある」

「知っての通り、(F1は)ある時は面倒だったりする、特別な場所だ。だが、それは昔から変わらないことだ。そして、面倒事に関わらないようにして、彼が雇われた目的を実行するのは、彼にとっては簡単なことだろう」

 ライコネン自身が行ってきたよう、ルクレールも対処できるかどうか尋ねると、彼は「僕たちは“あるやり方”で取り組むことには慣れているけれど、フェラーリではそれが時々違うんだ」と答えた。

「それ(フェラーリの方法)が邪魔ではないなら、良いだろう。(面倒なことには)関わらないで、そして彼らが要求することをするだけだ……僕はそうではなかったけれど……」

「ルクレールは(フェラーリの人たちと)一緒に働いたことがあり、彼らの事を知っているから、とても簡単でスムーズにいくはずだ」

 ライコネンはまた、フェラーリ前チーム代表のマウリツィオ・アリバベーネの更迭について、友人を通してしか知らなかったと語った。

「僕は(更迭を)皆と同じようにそれ(ニュース)を読んで知ったと思う」

 ライコネンはそう話す。

「実際には読んだ、というよりも母のボーイフレンドに『(更迭を)知っていた?』と聞かれて『No』と答えたんだ。僕たちはフィンランドに居たからね。それに、ニュースには興味がなかった」

「全然知らなかったんだ。それに今でも理由は分からないし、これは僕が首を突っ込むことでもない」

 2019年シーズンへの意気込みについて話すと、ライコネンはアルファロメオでシンプルにレースを楽しむことが鍵だと語った。

「ここ(アルファロメオ)はよりリラックスできると確信している」

「レースについてはよりそうだ。それに政治や厄介なことも少ない……普通はその方が誰にとっても簡単だろうし、皆もそのほうが良いだろう?」

次の記事
いよいよ開始、2019年F1開幕前テスト。そのドライバーラインアップ

前の記事

いよいよ開始、2019年F1開幕前テスト。そのドライバーラインアップ

次の記事

F1の問題を軽視していた? レッドブル、リバティの”甘さ”を指摘

F1の問題を軽視していた? レッドブル、リバティの”甘さ”を指摘
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー シャルル ルクレール , キミ ライコネン 発売中
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Jonathan Noble
まずは最新ニュースを読む