F1
25 9月
イベントは終了しました
09 10月
イベントは終了しました
23 10月
イベントは終了しました
27 10月
イベントは終了しました
13 11月
イベントは終了しました
R
サクヒールGP
04 12月
フリー走行1回目 まで
10 days

Q3でクラッシュのライコネン、ギヤボックス交換により5グリッド降格

シェア
コメント
Q3でクラッシュのライコネン、ギヤボックス交換により5グリッド降格
執筆:

アルファロメオのキミ・ライコネンは、ギヤボックス交換による5グリッド降格ペナルティを受けるようだ。

 キミ・ライコネン(アルファロメオ)はF1イタリアGPの予選Q3の走行中、パラボリカでクラッシュ。赤旗の原因を作ってしまった。

Read Also:

 マシンは大きな衝撃を受けてしまったため、チームはギヤボックスを交換する必要があり、これによりライコネンは5グリッドの降格ペナルティを受けることになった。

 予選を10番手で終えていたライコネンだが、ペナルティを受けたことによりジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)の後ろ15番グリッドからレースをスタートする。なお、今回のレースではライコネンの他にランド・ノリス(マクラーレン)、ピエール・ガスリー(トロロッソ)、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がグリッド降格となっており、それぞれグリッド後方からのスタートとなった。

「マシンはかなり酷いダメージを受けている」とライコネンは語った。

「これまでのセッションと比べて予選はかなり良かったけど、僕がミスをしてしまってその代償を払う形となってしまった」

「理想とはかけ離れた結果になってしまったけど、これは僕のミスだ。マシンの挙動は週末を通して良く、ポテンシャルはかなりあった」

「ユーズドのタイヤを履いていて、少しプッシュしすぎたんだ」

 なお、10番グリッドにはライコネンに代わってチームメイトのアントニオ・ジョビナッツィがつけることになった。彼は母国イタリアでのレースを好位置から迎える。

イタリアGP予選Q3の低速走行で3名に戒告処分。グリッド降格は無し

前の記事

イタリアGP予選Q3の低速走行で3名に戒告処分。グリッド降格は無し

次の記事

「“僕らの夢”を追い続ける」ガスリー、ユベールに捧ぐヘルメットを作成

「“僕らの夢”を追い続ける」ガスリー、ユベールに捧ぐヘルメットを作成
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第14戦イタリアGP
ドライバー キミ ライコネン
チーム Alfa Romeo
執筆者 Adam Cooper