テスト2日目はライコネン首位! ホンダ勢は4、5番手。メルセデスに電気系トラブル

F1プレシーズンテストの走行2日目、アルファロメオのキミ・ライコネンがトップタイムをマークした。

テスト2日目はライコネン首位! ホンダ勢は4、5番手。メルセデスに電気系トラブル

 スペインのカタルニア・サーキットで開催されているF1プレシーズンテスト。2日目は、アルファロメオのキミ・ライコネンがトップタイムをマークした。

 午後のセッションに入っても、午前に1分17秒347をマークしたセルジオ・ペレス(レーシングポイント)を上回るチームはなかなか現れなかった。しかし、セッションが残り40分ほどとなったタイミングで、ライコネンは最も柔らかいC5タイヤでアタック。1分17秒091を記録しトップとなった。

 しかし、ライコネンはセッション残り17分、ターン9付近でマシンストップ。これにより2日間の走行で最初の赤旗が掲示され、約10分ほど走行が中断された。

 ライコネンのタイムを上回るドライバーは現れずセッション終了。2番手はペレス、3番手はダニエル・リカルド(ルノー)で、共に午前のセッションで記録したタイムでの順位となった。

 レッドブルのアレクサンダー・アルボンが4番手、アルファタウリのピエール・ガスリーが5番手と、ホンダ勢が並んだ。この2台のタイムは、トップ3よりも硬いC2タイヤで記録したものだった。

 体調不良によりテスト初日の走行を回避したセバスチャン・ベッテルは、この日の午後からテストに参加。73周を走り6番手となった。午前の走行を担当したシャルル・ルクレールは8番手だった。ウイリアムズのジョージ・ラッセルが、ベッテルと0.112秒差の7番手に入り、フェラーリふたりの間に割って入った。

 メルセデスは午前のセッションだけで106周を走ったルイス・ハミルトンが9番手。彼はメルセデスの斬新なステアリングシステム”DAS”を最初に使ったドライバーとなった。

Read Also:

 ハミルトンからマシンを引き継ぎ、午後のセッションを担当したチームメイトのバルテリ・ボッタスも、同じくDASを使用するシーンが見られた。ボッタスはレースシミュレーションを中心に走行を重ねたが、セッション残り1時間ほどのタイミングで電気系トラブルを抱えガレージへ。そのまま一足早く走行を切り上げることになってしまった。

 それでも、メルセデスはハミルトンとボッタス合わせてこの日全チーム最多の183周を走っている。

 10番手以下はランド・ノリス(マクラーレン)、ロマン・グロージャン(ハース)、エステバン・オコン(ルノー)、ボッタスというオーダーだった。

 

Read Also:

Pos Driver Team Time Gap Laps
1 キミ・ライコネン  アルファロメオ 1m17.091s   134
2 セルジオ・ペレス レーシングポイント 1m17.347s +0.256s 145
3 ダニエル・リカルド ルノー 1m17.749s +0.658s 41
4 アレクサンダー・アルボン レッドブル 1m17.912s +0.821s 134
5 ピエール・ガスリー アルファタウリ 1m18.121s +1.030s 147
6 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1m18.154s +1.063s 73
7 ジョージ・ラッセル ウイリアムズ 1m18.266s +1.175s 116
8 シャルル・ルクレール フェラーリ 1m18.335s +1.244s 49
9 ルイス・ハミルトン メルセデス 1m18.387s +1.296s 106
10 ランド・ノリス マクラーレン 1m18.474s +1.383s 137
11 ロマン・グロージャン ハース 1m18.496s +1.405s 158
12 エステバン・オコン ルノー 1m18.557s +1.466s 52
13 バルテリ・ボッタス メルセデス 1m19.307s +2.216s 77
シェア
コメント
アルファタウリ・ホンダ、テスト2日目も順調「良い方向性見つけた」とガスリー

前の記事

アルファタウリ・ホンダ、テスト2日目も順調「良い方向性見つけた」とガスリー

次の記事

レッドブル・ホンダRB16初走行のアルボン、「マシンの力強さ感じた」と手応え

レッドブル・ホンダRB16初走行のアルボン、「マシンの力強さ感じた」と手応え
コメントを読み込む