ライコネン、突然の”パワーロス”は強い向かい風が原因?

シェア
コメント
ライコネン、突然の”パワーロス”は強い向かい風が原因?
執筆:
2019/04/14 2:24

アルファロメオのキミ・ライコネンは、中国GPの予選で強い風の影響を受けたと考えている。

 アルファロメオのキミ・ライコネンは、中国GPの予選を13位、Q2敗退で終えた。

 ライコネンはQ2で敗退した際、無線で「パワーを失った」と報告した。しかしチーム曰く、予想外の最高速低下は突風によるものであり、マシントラブルではないという。

 またチーム代表のフレデリック・バスールは、ライコネンが今年初めてQ3に進出できなかったことについて言い訳したわけでもないと語った。

「パワーを失ったわけではなく、トップスピードを失ったのだ」

 バスールはmotorsport.comに対してそう語った。

「とても奇妙な状況だった。向かい風が、狂ったように吹き付けてきたんだ。我々のいた場所には、小さなグループができていたと思う。(バルテリ)ボッタスや、他にももう1台がいたと思う。5〜10秒の間、誰もスピードを上げることができなかった。それは、言い訳ではない」

「最初の2イベントは、我々に取って非常にうまくいった。それは1/100秒の問題だったのだ。そして我々はカットオフラインの上にいることもあったし、時にはカットオフラインのすぐ下になってしまうこともある。それを受け入れなければいけない。しかし、昨日のレースペースは力強いものだったと思っている。1周目の終わりにどうなっているか、見てみようと思う」

 ライコネンも、良い予選セッションではなかったことを認めた。

「いくつかの走行をとても良かった。Q1で最初の走行は特にね」

 ライコネンはそう語った。

「しかし、最後のコーナーで滑ってしまった。そしてその次の2周は平均的だった」

「最終ラップは良いフィーリングだった。それはあるべき姿以上のモノだった。でも、今日はスピードが出ていなかった」

「僕はバックストレートでスピードを失ってしまった。そのラップは、前に比べて少し風が強かったかもしれない」

 レースへの見込みについて尋ねられたライコネンは、次のように語った。

「どうなるかは、明日分かるよ。でも、フリー走行のいくつかはかなり良かったと言えるだろう。そして真ん中のふたつはトリッキーだった。しかし、タイヤは全てのセットで若干異なる挙動になっているように感じるから、それほど簡単じゃないだろうね」

次の記事
開幕2戦の勢いはどこに……マクラーレン、中国GP予選で苦戦。「現実に引き戻された」

前の記事

開幕2戦の勢いはどこに……マクラーレン、中国GP予選で苦戦。「現実に引き戻された」

次の記事

デイモン・ヒル、父グラハムの名車ロータス49Bをドライブ! 記念すべき1000レース目を祝う

デイモン・ヒル、父グラハムの名車ロータス49Bをドライブ! 記念すべき1000レース目を祝う
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第3戦中国GP
ドライバー キミ ライコネン 発売中
チーム Alfa Romeo
執筆者 Adam Cooper
まずは最新ニュースを読む