F1 オーストリアGP

リカルドかローソン、どっちなんだい! RB、サマーブレイクでF1ドライバー人事決定か「静かな話し合いを行なう」

レッドブルは姉妹チームのRBにダニエル・リカルドを残留させるか、リザーブドライバーのリアム・ローソンをF1昇格させるか検討を進めている。

Daniel Ricciardo, Visa Cash App RB F1 Team and Laurent Mekies, Team Principal, RB F1 Team, on the pit wall

Daniel Ricciardo, Visa Cash App RB F1 Team and Laurent Mekies, Team Principal, RB F1 Team, on the pit wall

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

 レッドブル陣営は、現在RBに所属するダニエル・リカルドをチームに残すか、リザーブドライバーのリアム・ローソンを起用するかを決めるため、サマーブレイクの間に「静かな話し合い」を行なうようだ。

 2025年シーズンに向け、各チームのシートが埋まりつつある。RBもカナダGPの時点で角田裕毅の残留を発表。チームで5シーズン目を迎えることとなった。

 リカルドはメインチームであるレッドブル・レーシングのセルジオ・ペレスの後任候補としてRBに加入したが、一貫性のないパフォーマンスにレッドブル首脳陣は納得がいかず、ペレスは代わりに2年契約延長を掴むこととなった。

 姉妹チームのRBは表向き、レッドブルの有望株を育てるジュニアチームであり、角田は経験豊富なドライバーの枠に入る。この考え方で言えば、RBは22歳のリアム・ローソンを昇格させる方向に傾くはずだ。

 2023年シーズンにリカルドが負傷欠場した間、代役として印象的な走りを見せたローソン。2025年にレッドブル系2チームのいずれかでシートが提供されなければ、フリーエージェントになると言われている。

 レッドブルでモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコが、ローソンをF1に昇格させるべきだと発言したことをキッカケに、リカルドがサマーブレイク中に解雇されるかもしれないという噂が広まっている。

 そしてRBのピーター・バイエルCEOは、レッドブル系2チームが8月に「静かな話し合い」を行なうと語った。

Liam Lawson, Reserve Driver, Visa Cash App RB F1 Team, with Helmut Marko, Consultant, Red Bull Racing, Peter Bayer, CEO, RB F1 Team

Liam Lawson, Reserve Driver, Visa Cash App RB F1 Team, with Helmut Marko, Consultant, Red Bull Racing, Peter Bayer, CEO, RB F1 Team

Photo by: Andrew Ferraro / Motorsport Images

「来年のラインアップに関して、我々は決定を急いでいる訳ではない」とオーストリアGPの際にバイエルCEOはそう語った。

「ユウキを確定させることは我々にとって非常に重要だった。そして現在の我々の焦点はマシンにある。サマーブレイクに入ったら、静かな話し合いを行なうつもりだ」

 バイエルCEOは、ニック・デ・フリーズの後任として2023年シーズン中盤からRBに加入したリカルドの舞台裏での貢献に称賛を送る一方で、チームの役割はベテランドライバーを抱えることではなく、若手ドライバーをメインチームに送り込むことだと認めた。

「ダニエルは確かに我々を大いに助けてくれた」とバイエルCEOは説明した。

「彼がチームに加わった昨年を振り返ってみると、彼はチームに全く新しいエネルギーとスピリットをもたらしてくれた」

「ユウキはつい最近、ダニエルから今も学び続けていると言ったばかりだ」

「ドライバーを成長させることは、株主の使命でもある。そして、それが我々の現在の仕事だ」

「リアムはチームの一員であり、テストドライバーだ。シミュレータにも乗っている。ほとんどの人が知っているように、彼はTPC(2022年マシンでのイモラ・テスト)に参加する予定だ」

「しかし2シート目の決定は静かに行なわれる。我々は急いでいない」

 レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表もまた、シーズン途中でのドライバー入れ替えという可能性を示唆した。

「彼らはみんなレッドブル・レーシングのドライバーで、レッドブルのドライバーはみんな、常にプレッシャーと監視の目が向けられていると知っている」とホーナー代表は語った。

「ダニエルがシートに座っているし、それを最大限活かせるかどうかは彼次第だ。そして、F1で状況は常に流動的なのだ」

 

前の記事 ノリス、優勝逃した前戦の”自己批判”を撤回。ただフェルスタッペン打倒には「最後の1%が必要」
次の記事 リカルド、僅差で角田裕毅に敗れSQ1敗退「あとちょっとだったから悔しい」RBのマシン仕様変更にはまずまずの評価

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本