F1 カナダGP

角田裕毅、2025年もRBに残留決定! 今季の大躍進が後押し「今後も重要な役割となるレッドブルとホンダに感謝」

角田裕毅が、RBとオプション契約を行使。2025年も同チームからF1に参戦することとなった。

Yuki Tsunoda, RB F1 Team VCARB 01

 RBは6月8日(日本時間9日早朝)にプレスリリースを発表。日本人ドライバーの角田裕毅が、2025年も同チームからF1に参戦することを明かした。

 F1参戦4年目となる今シーズンは開幕から好調な走りを見せているRBの角田。第9戦カナダGPを前にした段階で、合計19ポイントを獲得。チームメイトのダニエル・リカルド(合計5ポイント獲得)に大きく差をつけているだけでなく、ドライバーズランキングではトップ5チームの一角と目されていたアストンマーティンのランス・ストロールも上回る10番手につけている。

 シーズン序盤からしばらくの間は、来季角田がF1に残るのは難しいのではないかという見方もあった。しかし角田は安定して高いパフォーマンスを発揮し続けたことで、一転レッドブル入りするのではという噂も上がったが、レッドブルがセルジオ・ペレスと2年契約を発表したことで親チームのドライバーラインアップが実質確定。角田は最終的に、RBとの契約を1年延長することになった。

 契約延長に際して角田は、次のようにコメントを寄せた。

「ビザ・キャッシュアップRBに残ることができてとても嬉しいですし、こんな早い時期に自分の将来が決まって良い気分です」

「その点、僕のキャリアにおいて重要な役割を果たし、これからもそうであり続けるであろうレッドブルとホンダの皆さんに感謝したいと思います」

Yuki Tsunoda, RB F1 Team VCARB 01

Yuki Tsunoda, RB F1 Team VCARB 01

写真: Zak Mauger / Motorsport Images

 また角田は、今季RBが見せる成長がコース上でベストを尽くす原動力になっていると続けた。

「チームには大きな開発プロジェクトが控えていて、その一翼を担うことにワクワクしています。僕のこれまでの献身をみんなが評価してくれていて、チームも僕がさらなる前進に貢献できると信じてくれていることが嬉しいです」

「僕らは今シーズン、既に明らかな進歩を遂げており、それが常にベストを尽くそうというモチベーションに繋がっています。VCARBで今後もそうしていくつもりです」

「当面は今シーズンの残りのレースに集中し、できるだけ多くのポイントを持ち帰ることを目標に、チームと共に成長を続け、来年さらに上を目指すための土台を築いていきたいです!」

 発表に際してチーム代表を務めるローレン・メキーズもチームを介してコメント。「天性のスピードに、より成熟したアプローチが加わった。このコンビネーションが彼を非常に速く安定し、かつ素晴らしいチームプレイヤーたらしめているというのは疑いようもない」と褒めちぎった。

 またチームCEOのピーター・バイエルは角田について、「彼の魅力的な性格は、世界中のファンから絶大な人気を得ており、サーキット内外で貴重な戦力となっている」という評価も下した。

 なお、角田とRBは“オプション契約”を行使したと明かされている。そのため今回の契約延長は2025年の1年のみである。

 2025年はRBがホンダ(HRC)製のパワーユニットを搭載する最後の年であり、翌2026年から同チームはレッドブル・パワートレインズ(RBPT)製を使う予定だ。

 一方でホンダは、アストンマーティンをパートナーに、2026年からF1に正式復帰することが決まっている。この2026年、角田は独自のPUを用意するレッドブル系のチームに残るのか、ホンダと歩みを共にするのか、それともまったく別の選択をするのか……まだ2025年のシートが決まったばかりであるが、その翌年にも今から注目が集まる。

関連ニュース:
 

前の記事 これがカナダ7勝の実力か? 晴天となった2日目FP3はハミルトンが圧倒的首位。角田裕毅は15番手|F1カナダGP
次の記事 RB残留決定の角田裕毅、F1参戦4年目での“驚異的な”成長にチーム首脳陣も称賛「レースごとに我々を驚かせる」

最新ニュース

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本