スペインGPで大失速のRB、オーストリアGPのFP1で2台のマシンで比較テスト実施へ。角田裕毅「明確な説明が得られればいいんですが……」

F1スペインGPでアップデートパーツを投入したにも関わらず、大きく失速してしまったRBは、オーストリアGPのフリー走行でふたりのドライバーを異なるスペックのパッケージで走らせ、不調に陥った原因を究明しようとしている。

Yuki Tsunoda, RB F1 Team VCARB 01, Daniel Ricciardo, RB F1 Team VCARB 01, Alex Albon, Williams FW46

角田裕毅とダニエル・リカルド:RB F1 Team VCARB 01

写真:: Zak Mauger / Motorsport Images

 RBはF1スペインGPにアップデート版のマシンパッケージを投入した。しかしこのパッケージが優れたパフォーマンスを発揮することはなく、逆に大きく失速してしまう格好となった。

 この理由を理解するためにRBは、翌戦オーストリアGPの初日フリー走行1回目で、角田裕毅とダニエル・リカルドに、異なるパッケージのマシンをドライブさせ、その比較を行なう予定だ。

 今季コンストラクターズランキング6番手の座を確固たるモノとし、ランキング5番手につけるアストンマーティンとの差を縮めようと、アップデート版の新パッケージをF1スペインGPに持ち込んだRB。このアップデートは、サイドポンツーンとエンジンカバー、そしてリヤウイングやフロアなどを含んだ、大規模なモノであった。

 しかしそのアップデートを投入したスペインGPでRBは大苦戦。入賞を争うどころか、リカルドが15位、角田が19位に入るのが精一杯だった。

 リカルドはオーストリアGPの木曜日に取材に応じ、アップデート版パッケージを比較するため、角田とは別のパッケージでFP1を走ることを明かした。リカルドはいくつかの新しいパーツを取り付けたマシンで走行し、角田は他のパーツを装備したマシンで走るという。

「確かにまだ、いくつか疑問は残っている。しかし、アップデートが失敗だったと確信できているわけではない」

 そうリカルドは語った。

「ユウキと僕は、異なるセットアップでスタートする。それは、全てを組み合わせたモノだ。まだ解明しようとしているところなんだ。金曜日の朝は異なった形でスタートを切り、フリー走行で少し学んでから、スプリント予選に向けてそれらを統合できればと思っている」

「でも、まだ何も捨てるつもりはない。確固たる結論が出ているわけではないんだ。スプリントの週末にそうするのは、明らかに少し難しいことだけど、努力を続けなければいけない」

「新旧のパーツが少し混ざったモノだ。古いパーツも確かにいくつか使うけど、そればかりではない。新しいパーツも入ると思う。どちらも、少しずつ投入することになると思う」

 角田は、スペインGPのデータは、新しいパーツについて期待していたモノが示されていたと言うが、パフォーマンスが不足した原因を説明することはできなかったと明かした。

 角田曰く、データと実際のパフォーマンスの間に乖離があったのは「少し謎」であり、オーストリアGPのFP1で明確な答えが得られることを期待しているという。

「今週、明確な説明ができればいいと思っています。チームがこの問題を懸命に探っているのは、間違いありません」

 角田はそう語った。

「レース後のデータでも、期待していた効果が確認できました。しかし、どういうわけかパフォーマンスが良くありませんでした」

「原因と思われるいくつかのことを確認したんですが、まだ明確な答えは出ていません。僕たちにとっては謎ですし、セットアップでもっと改善できる点もいくつかあるのは明らかです」

「それでも、以前のレースと比べても、これだけ失速した理由はまだ説明できません」

 

前の記事 フェルスタッペン、2026年”登場”のレッドブル自社製パワーユニットに自信「ファクトリーには成功するために必要なモノが全て揃っている」
次の記事 F1オーストリアFP1速報|フェルスタッペン、マシンが一時ストップもセッション最速。角田裕毅は9番手

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本