F1イギリスFP2速報:各車ロングランに集中。フェルスタッペンが首位、角田裕毅は16番手

F1第10戦イギリスGPのフリー走行2回目が行なわれ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイム。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は16番手となった。

F1イギリスFP2速報:各車ロングランに集中。フェルスタッペンが首位、角田裕毅は16番手

 F1第10戦イギリスGPのフリー走行2回目がシルバーストン・サーキットで行なわれた。トップタイムをマークしたのは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンだった。

 F1史上初、スプリント予選レースを実施する特別フォーマットで行なわれている今回のイギリスGP。金曜午後にノックアウト予選を終えており、セットアップを大きく変更できないパルクフェルメ状態にあるため、各車はスプリント予選レースや決勝レースに向けて、ロングランに集中した。

 フェルスタッペンはミディアムタイヤを中心に使いトップタイム。3種類のタイヤを試したフェラーリ勢、シャルル・ルクレールが2番手、カルロス・サインツJr.が3番手に続いた。

 アルファタウリ・ホンダの2台も全3種類のタイヤデータを収集。ピエール・ガスリーが10番手、角田裕毅は16番手となった。

 
 

Read Also:

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Netherlands マックス フェルスタッペン 23 1'29.902     235.896
2 Monaco シャルル ルクレール 30 1'30.277 0.375 0.375 234.916
3 Spain カルロス サインツ Jr. 29 1'30.507 0.605 0.230 234.319
4 France エステバン オコン 31 1'30.707 0.805 0.200 233.803
5 Mexico セルジオ ペレス 27 1'30.800 0.898 0.093 233.563
6 United Kingdom ランド ノリス 24 1'31.030 1.128 0.230 232.973
7 Australia ダニエル リカルド 23 1'31.034 1.132 0.004 232.963
8 United Kingdom ルイス ハミルトン 28 1'31.131 1.229 0.097 232.715
9 Finland バルテリ ボッタス 27 1'31.180 1.278 0.049 232.590
10 France ピエール ガスリー 31 1'31.188 1.286 0.008 232.570
シェア
コメント
”予選後”のFP2に意味はない? フェルスタッペン「マシンを調整できないのに、走る必要ある?」
前の記事

”予選後”のFP2に意味はない? フェルスタッペン「マシンを調整できないのに、走る必要ある?」

次の記事

F1イギリスFP2:ロングランでフェルスタッペン強さ見せる。不気味メルセデス中団&角田裕毅16番手

F1イギリスFP2:ロングランでフェルスタッペン強さ見せる。不気味メルセデス中団&角田裕毅16番手
コメントを読み込む